財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
W03022
タイトル
600℃級熱源用カスケード型熱電発電モジュールの開発
[Title]
Development of cascade type thermoelectric module using 600℃ class heat source
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
鉛・テルル系素子とビスマス・テルル系素子を2段に積層したカスケード型熱電発電モジュールを作製し、発電特性などの基礎特性を測定した。 モジュールに使用したビスマス・テルル系素子は、性能向上方策として化合物を添加する手法等を適用し、想定適用温度領域の無次元性能指数の平均値として、p型0.67、n型0.61が得られた。また、鉛・テルル系素子は、金属粉の添加や仮焼などにより初期の実用的所用機械強度が得られ、想定適用温度領域の無次元性能指数の平均値として、p型0.33、n型0.56が得られた。 これらの素子を用いて作製したカスケード型モジュールの発電特性の測定を行った結果、モジュール変換効率は熱源間温度差にほぼ比例して上昇後、飽和する傾向を示し、出力密度は熱源間温度差の2乗にほぼ比例して増加する傾向を示した。また、熱源間温度差500℃において、モジュール変換効率として6%程度(出力密度:2kW/m2程度)が得られ、既開発のモジュールと比べて本研究により開発したモジュールは、同等レベル以上の性能を有していることが明らかとなった。
[Abstract]
The electrical performance was measured in a cascade type thermoelectric generation module assembled Pb-Te thermoelectric elements and Bi-Te thermoelectric elements. The used Bi-Te thermoelectric elements were made by applying compound addition method for improvement of element properties. The value of average dimensionless figure of merit in the range from 50C to 250C were 0.67 for p-type and 0.61 for n-type. The used Pb-Te thermoelectric elements were made by adding metal and pre-sintering to improve mechanical strength. The value of average dimensionless figure of merit in the range from 250C to 500C were 0.33 for p-type and 0.56 for n-type. The module conversion efficiency was increased with the increase of temperature difference between hot side source and cold side source, and was saturated with temperature difference over about 400C. The power density was proportional to the 2nd power of temperature difference . When temperature difference was about 500C, 6% of module conversion efficiency was obtained (power density: 2kW/m2 ). It was found that generating performace of this module had the same level or more than that of these deveroped modules.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2003
発行年月 [Issued Year / Month]
2004/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

堀 康彦

横須賀研究所エネルギー材料部

草野 大介

横須賀研究所エネルギー材料部

伊藤 哲夫

横須賀研究所電力部

泉 邦和

横須賀研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
カスケード型モジュール Cascade type module
熱電発電 Thermoelectric generation system
排熱利用 Waste heat recovery
ビスマス・テルル Bismuth Telluride
鉛・テルル Lead Telluride
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.