財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
W03035
タイトル
水冷媒ヒートポンプ製氷システムの直接接触製氷過程の解明
[Title]
Study of direct-contact ice producing process for heat pump system using water as refrigerant
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
水冷媒は、オゾン層破壊係数と地球温暖化係数がゼロで、毒性も可燃性も無く、また、直接接触熱交換サイクルとすることによって高い製氷COPが期待できる。産業用プロセス冷却や業務用大規模空調への適用が有望な水冷媒ヒートポンプ製氷システムの省エネ化・省スペース化・低コスト化を図るためには、主要な構成機器の一つである蒸発製氷器のコンパクト化とシンプル化が必須である。製本報告では、水冷媒の三重点(0.6kPa、0.01℃)近傍における直接接触製氷過程を明らかにするとともに、コンパクトでシンプルとなる可能性を持つ蒸発製氷器の基本方式を提案した。
[Abstract]
Water as refrigerant is one of the excellent natural working fluids because of zero-ODP, zero-GWP, no toxicity, no flammability, and very high COP with direct-contact heat exchange cycle. Heat pump system for ice producing with water as refrigerant is promising to be applied to process-cooling in industrial use and air-conditioning for large scale buildings. Compact and simple ice producing evaporator is indispensable to high efficiency, compact and low-priced system. In this report, direct-contact ice producing processes of water refrigerant under the triple point condition (0.6kP, 0.01℃) are made clear, and some basic systems of compact and simple ice producing evaporator are suggested.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2003
発行年月 [Issued Year / Month]
2004/09
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

長谷川 浩巳

横須賀研究所エネルギー機械部

齋川 路之

横須賀研究所エネルギー機械部

キーワード [Keywords]
和文 英文
自然冷媒 natural refrigerant
水冷媒 water as refrigerant
直接接触熱交換 direct-contact heat exchange
製氷 ice producing
氷蓄熱システム ice thermal storage system
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.