財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y00001
タイトル
間接負荷制御試験におけるピーク抑制効果と発電設備繰延べ効果の分析
[Title]
Measuring Peak Clipping Effects and Avoided Generation Costs of Indirect Load Control Programs
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
平成11年に実施した負荷集中制御試験により得られる時間帯別電力消費データを用いて、ピークシフトのインセンティブに対する需要家の反応および電力消費量等に関する情報へのアクセスが電力需要に与える影響を明らかにした。その結果、4年間にわたり価格効果は持続し、11年度の価格効果はほぼ9年度並みで、系統ピーク時の家庭用需要の約4%を削減しうることを示した。ただし、電力情報の効果は平成11年でも有意でなく、情報効果の頑健性は確認できなかった。また、10年度の効果分析結果を用いて福岡試験サイトのピーク負荷抑制効果を九州電力全社大に補正した。11年度の制御効果を全電灯需要に適用したとき、今後30年間のピーク対応電源を繰延べるDSMの便益はkW当たり約21〜23万円となる。これは火力電源の建設コスト相当である。今後、発電部門のみならず流通部門の便益も含めてDSMの長期的な費用効果性を明らかにする。
[Abstract]
Electric utilities now promote IT-based load management programs that enable them to maintain revenue under retail competition. Electric utilities are developing cost-effective measures that can adjust demand at peak time while maintaining off-peak demand. We examine an information program experiment conducted by Kyushu Electric Power Company in which 400 households were provided with a continuous-display device monitoring electricity use. We have investigated the effects of price(peak to off-peak price ratio is 4) and information with an explicit model of DSM incentive payments. Our estimated price effects demonstrate that peak period load reduction induced by DSM incentives is stable during the four-year long (1996 -1999) experiment. The estimated peak load reduction by indirect load control programs in summer (July to September) is significant at approximately 4-5% of the average peak load of the control group (non-treatment households). This is long-term responses enough to extend to nonexperimental settings. Therefore, we also analyzed the long-term effects of these DSM programs on a generation expansion plan. Estimated avoided generation costs by a DSM system are approximately 210-230 thousand yen per kW.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2000
発行年月 [Issued Year / Month]
2000/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

浅野 浩志

経済社会研究所

今中 健雄

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
デマンドサイド・マネジメント Demand-side management
家庭用電力需要 Household demand for electricity
ピーク抑制協力金 DSM incentive
需要関数 Demand function
回避発電コスト Avoided generation costs
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.