財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y00003
タイトル
中小規模業務用需要家におけるマイクロガスタービンの最適導入計画
[Title]
Optimal Planning of Co-generation System with Micro Gas Turbine for Commercial Sector
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
需要家にとっての最適な自家発規模や運用方策を分析できるツールを用いて、様々なエネルギー需要特性をもつ需要家に対する発電専用(既設建物向)及び排熱利用型(新設建物向)マイクロガスタービンの将来の目標価格下における導入可能性について分析を行い、以下の成果を得た。(1)需要家における最大電力負荷の40%〜80%程度の容量がMGT最適導入容量となる。特に、季節間での負荷特性の差が少なく、日負荷率と熱需要比率の高い新設需要家ではMGT導入量が大きくなる。(2)夜間電力需要の少ない需要家では、時間帯別料金の昼夜間比のMGTの最適規模・運用に対する反応度は低い。一方、ガス料金価格水準のMGTの最適規模・運用は対する反応度は大きい。(3)主として既設建物に設置される発電専用MGTの場合には、MGT排熱利用によるコストメリットが得られないため、MGT導入比率・依存率共に排熱利用型の30%〜50%程度となる。
[Abstract]
Micro Gas Turbine (MGT) generator is expected as an on-site power generation system due to easy installation and maintenance . Co-generation systems with conventional gas turbine or internal combustion engine have been installed for large-scale customers (over 10,000m2 of total floor area).MGT are available in a range from 20kW to 100kW, which suit electricity demand of small- and medium-scale customers. Economic feasibility of MGT generators and co-generation systems is not evaluated extensively.We analyzed optimal sizing and operation schedule patterns for small- and medium-scale customers with different characteristics of energy demand; office building, department store, city hotel and hospital, with optimization model. And also we examined effects of electricity and gas rate structures on optimal planning for micro co-generation. We obtained the following results.(1) Optimal capacity of MGT generator is between 40% and 80% of annual maximum electricity demand and relatively small sizing,40-50% for office buildings and retial stores. Optimal MGT capacity and share of MGT generation in total electricity consumption are relatively large for customers who have high electricity load factor and high thermal demand (space cooling, space heating and hot water),e.g., hospitals.(2) For the customers with high thermal demand and large seasonal difference of electricity load factor(hotels), optimal MGT capacity is approximately less than 50% of annual maximum electricity demand. (3) Optimal capacity of MGT system without co-generation systems are in a range from 30% to 50% of the capacity of the MGT co-generation system . Optimal MGT capacity and self-generation rate are relatively large for the customers with low load factor and low thermal demand.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2000
発行年月 [Issued Year / Month]
2000/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

今村 栄一

経済社会研究所

浅野 浩志

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
マイクロガスタービン Micro Gas Turbine
コージェネレーション Co-generation System
混合整数計画 Mixed Integer Programming
料金制度 Electricity Rate
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.