財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y00004
タイトル
DSMによる配電部門の回避原価推定手法の開発
[Title]
A Method of Estimating Avoided Distribution System Cost by Demand Side Management
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
DSMを導入した場合に電力流通部門に発生する便益を評価する一環として、DSMによる配電部門の回避原価を推定する手法を開発し、標準的な配電系統モデルを対象に試算を行った。手法の特徴は、配電系統構成を想定し、配電設備の事故時における系統運用を考慮する点にある。また、配電系統大でみるとDSMが必ずしも計画的には導入されないことを踏まえ、試算にあたっては配電系統内のDSM導入位置を様々に想定し、確率的な評価を行った。その結果、回避原価はDSMの導入地点によって変化し、その評価額は不確実性を伴うことが明らかとなった。その期待値は、主に次期配電設備投資時期に左右され、DSM導入量1kWあたり約2.3万円〜3.1万円と推定される。また、DSMの導入量やDSMの種類が回避原価の期待値に与える影響が小さいこと、一方回避原価のばらつきはDSMの導入量に反比例することが示された。従って回避原価に確実性を期待するためには、DSMの導入量が大きい方が有利であるといえる。今後他の電力流通部門におけるDSMによる回避原価の推定を進める。
[Abstract]
Demand-Side management(DSM) has been evaluated by the avoided cost of the generating system, such as the investment deferment of generating facilities and fuel cost reduction. But in Japan, where cost share of the power transmission and distribution system is higher than that of power generation, it is very important for the optimization of the power system to take the power transportation cost into consideration. Moreover, evaluating the unbundled avoided cost of generating system, transmission system and distribution system by DSM is becoming necessitated in accordance with the deregulation of the electric industry and the increase of distributed generators. This research is focused on the evaluation of the avoided cost of distribution system, especially the substation facilities by DSM, as a part of the avoided cost of whole power transportation system. We developed a method to estimate the avoided distribution system cost by DSM, taking the operation of the distribution system into account.The estimated avoided costs for a standard distribution system model are approximately 23-31 thousand yen per kW on average, and the standard deviations are approximately 3-10 thousand yen per kW. The average avoided costs and the standard deviations are independent on the types of DSM (peak clipping effects of 6%, 12%, 24%) and the averages are also practically independent on the installation capacity of DSM. On the other hand, the standard deviations are in inverse proportion to the installation capacity. This suggests that the stability of the avoided cost increases with the increase in the DSM penetration rate in an area.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2000
発行年月 [Issued Year / Month]
2000/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

今中 健雄

経済社会研究所

浅野 浩志

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
デマンドサイド・マネジメント (DSM) Demand-side management (DSM)
分散資源 Distributed Resources
配電系統 Distribution System
回避原価 Avoided Cost
投資繰延べ Investment Deferment
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.