財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y00006
タイトル
部分自由化市場における競争的料金設定の事業収支への影響
[Title]
Profitability of Competitive Pricing of the Utility in Partially Liberalized Retail Power Market
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
自由化市場において、電力会社が事業利益を確保していくためにどのような対応策をとるべきかを、競争的料金設定と離脱需要を考慮したモデル分析によって定量的に考察する。PPSへの電力会社の対応策の違いによって生じる自由化市場の変化をいくつかのパターンに類型化し(=自由化対応シナリオ)、離脱需要による電源構成の変化を計算できる簡易モデルを用いて、電力会社の事業収支の変化など様々な指標を算出した。試算結果から次の2つの成果を得た:(1)事業収支の面から見ると、料金値下げによりPPS参入を阻止することが電力会社の長期的な自由化対応策として常に得策とは限らない、(2)事業収支の面で望ましい自由化対応策は負荷率改善にプラスにならない可能性がある。
[Abstract]
The retail competition in electric power market has been introduced in Japan from March 2000. Although the liberalization is limited in a part of the retail power market having about 30 % share of total electricity demand, the liberalized customers segment is now under competitive circumstances among the utilities and new entrants. For the utilities to keep their power supply business profitable after the market liberalization, it is important to know which eligible customers they should retain and how they should set competitive prices for eligible customers in a competitive market.On the other hand, while load leveling has been promoted by various incentive systems from the government and utilities and played significant roles in electric power system in Japan, it is necessary to study whether these DSM incentive mechanisms remain viable ever after the market liberalization or not.This report examines the profitability of competitive pricing for eligible segmented customers through scenario-based model analysis focusing on demand characteristics of segmented customers. The model includes the utility’s investment in power generation for segmented customers to consider the long-term profitability rather than the short-term one. Load leveling is not always achieved under profit-maximizing behavior of the utility because the profitability of competitive pricing depends on load patterns of bypassed customers and price differentials among power suppliers.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2000
発行年月 [Issued Year / Month]
2000/10
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

高橋 雅仁

経済社会研究所

浅野 浩志

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
小売部分自由化 Partial Liberalization in Retail Power Market
競争的料金設定 Competitive Pricing
負荷平準化 Load Leveling
電源構成モデル Generation System Expansion Model
統合資源計画モデル Integrated Resource Planning Model
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.