財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y00009
タイトル
科学技術のリスク認知に及ぼす情報環境の影響 -専門家による情報提供の課題-
[Title]
The effect of information environment influence risk perception of science & technology- The tasks for experts to provide information -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
科学技術 (遺伝子組換え食物、原子力発電)についてのリスク認知や態度と情報環境との関係について質問紙調査を行った。その結果、科学技術を評価する際,専門家は社会的有用性,一般市民は将来の予測可能性に関する情報を重視し,科学技術に対して異なる価値観を持つことが示された.また,一般市民が期待する専門家の安全性評価と実際の専門家の評価とは大きくずれており,特に原子力発電において大きかった.これらの結果は,一般市民のニーズに応じた情報提供が非常に困難であることを示唆している. 本研究の結果から,よりよい情報提供のための専門家の課題として,1.“人々の求めている情報とは何か”を正確に知り,2.分かりやすい提供情報,対等の立場でのコミュニケーションのための言語的・非言語的テクニックの向上が重要である.また3.一般の人々が情報源へ接触する機械を増大するためにマスメディアと協働し,4.リスクに直面しても適切な行動が取れるように一般の人々の基礎知識教育の充実に尽力すべきである.
[Abstract]
We conducted a social survey for the purpose of analyzing a relation of risk perception and information environment about genetically modified foods/organizations(GMOs) and nuclear power generation. We found that the experts regarded the "social necessity of the science and technology" as a key factor to evaluate the S&T, on the contrary, the public regarded "predictability of future outcomes of the S&T". There were differences between inferences (expectances) of experts’ risk perception by the public and actual experts’ risk perception. Especially, on nuclear power generation. These findings suggest the difficulty to provide information along the public’s needs.Under our findings, focused on the roles of experts as suppliers/furnishers of information, we propose some suggestions to improve the communication to the public as follows; (1) make efforts to know what the public want to know and what factors the public regard as important points to evaluate the S&T; (2) improve their skills to provide easy-understanding information to the public and behavioral manners to treat the public as an equal partner; (3) cooperate with mass media to improve the accessibility of information sources and the provision of suitable information for the public; and (4) contribute to make progress of the public’s scientific knowledge to understand information and take appropriate behavior to minimize their own risks.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2000
発行年月 [Issued Year / Month]
2000/12
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

小杉 素子

経済社会研究所

土屋 智子

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
情報環境 Information Environment
リスク認知 Risk Perception
リスクコミュニケーション Risk Communication
質問紙調査 Questionnaire Survey
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.