財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y00011
タイトル
意識調査による家庭のエネルギー消費構造分析
[Title]
Analysis of Residential Energy Use Using Questionnaire Survey Data
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究の目的では、家庭部門の実態把握の一手法として、アンケート調査データを用いた分析を行い、世帯のエネルギー消費の一般的な構造を明らかにすることである。99年度に首都圏の一般世帯を対象として行った意識調査を用い、エネルギー利用行動と意識による世帯の類型化、電気・ガス使用量の説明要因の解明、将来のエネルギー需要に影響を及ぼす要因の検討を行った。 エネルギー消費を伴う生活行動と機器利用意識の特徴によって、回答者世帯を4タイプに分類した。電気使用量の月別変化は各タイプの特徴をよく反映していたが、一つのタイプに80%以上の世帯が含まれており、あまり多様化していないことが分かった。電気の中間期使用量は、床面積や家族人数の他、照明・冷蔵庫・テレビの保有数と利用時間、食生活要因、世帯の省エネ努力、さらに衣類乾燥機・パソコン・温水洗浄便座の利用によって説明された。世帯全体での省エネ努力は難しい一方で、パソコンや温水利用機器の普及率が上昇しており、今後も電灯需要は増大する可能性がある。
[Abstract]
The purpose of this report is to clarify the structure of residential energy use using questionnaire survey data. From July in 1999 to Feb. 2000, four surveys were conducted to the same respondents who live in the Tokyo metropolitan area to collect data concerning energy use, ownership and usage of household appliances, family, and so on. Analyzing responses to the questions about behavior and consciousness for using appliances, we classify respondents into 4 groups. The pattern of monthly electricity use of each group reflects the characteristics in their behavior and consciousness for using appliances. However, only one group includes more than 80% respondents. Therefore, behavior and consciousness regarding energy use has not become diversified yet. The result of regression analysis shows that the consumption of electricity in off-peak season is not determined only floor space and family size, but also quantities and time of lighting, refrigerators, and TV sets, frequencies of cooking, efforts of family members to save energy as a negative factor, and usages of new appliances such as PCs and shower toilets. Our data show that ratios of ownership of PCs and appliances spending hot water are growing year after year, while it is difficult for many households that all family members make efforts to save energy. Therefore, it suggests that the residential electricity demand will continuously increase in future.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2000
発行年月 [Issued Year / Month]
2001/02
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

土屋 智子

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
家庭用エネルギー需要 Residential Energy Demand
ライフスタイル Lifestyles
多変量解析 Multivariate Analysis
意識調査 Questionnaire Survey
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.