財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y00012
タイトル
中国のSOx排出に関する長期シナリオ分析
[Title]
Scenario Analysis of Long-term Chinese SOx Emissions
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
東アジア地域の酸性化問題を検討するため、とくに中国についてSOx排出シナリオを作成した。1)環境クズネッツ曲線など、中国の長期SOx排出見通しにあたって必要となる基本的概念について整理を行った。2) これらの概念を利用して、9つのSOx排出シナリオを作成した。同シナリオは、東アジア地域の長期的な酸性化の検討にあたり、大気輸送モデルへの入力データとして利用できる。3)中国が国家計画どおりに平均で7%という高い経済成長を続けた場合、そのSOx排出量は1995年の約1200万トン程度から2030年までに4400万トン程度まで4倍弱に増大する可能性がある。しかしこの見込みは低く、実際には、現状からそれほど大幅に増加することはないだろう。その理由は、高い経済成長を行う場合には、急速なエネルギー強度改善と、最終エネルギー構造の石炭からのシフト、環境対策への投資が活発化が考えられること、等である。
[Abstract]
Alternative long-term SOx emission scenarios are analyzed with China Provincial Energy and Emissions (CPE ) model. The scenarios serve as input to atmospheric transportation model to analyze acidification impacts in the East Asian region. Key concepts for long-term SOx emission scenario analysis are summarized. They include energy ladder, historical analog, energy intensity and elasticity, environmental Kuzunets curve, and learning curve for environmental cost reduction. Nine alternative SOx emission scenarios are developed taking these key concepts into account. The scenarios are grouped into three: a) high economic growth and slow energy conservation, b) high economic growth and rapid energy conservation compatible to it, c) middle-high economic growth and slow energy conservation. The last one is a replica of the scenario by the Asian Development Bank. The set of scenarios covers possible range of alternative future SOx emission pathways of China. Chinese SOx emissions could increase up to 44Mt-S emissions, roughly 4 times of the current emission level, by 2030 under a certain assumption set. However, it is not probable. Her emissions will not dramatically increase from the current level, even if the economic growth is such high. The reasons are identified as follows: a) high economic growth leads to rapid improvement of energy intensity, b) high economic growth also leads to rapid change in final energy demand structure, c) high income level corresponds to much environmental awareness and investment, and d) the Chinese government is already aware of the importance of, and addressing, environmental problems.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2000
発行年月 [Issued Year / Month]
2001/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

杉山 大志

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
東アジア East Asia
広域環境問題 Regional Environmental Problems
酸性雨 Acidic Deposition
人為排出量 Anthropogenic Emissions
エネルギー需給 Energy Demand and Supply
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.