財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y00014
タイトル
CO2削減対策の費用分析
[Title]
Cost Analysis of the Measures for CO2 Reduction in Japan
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
様々なCO2削減対策について、それらによる将来のCO2削減効果、及びその経済性について分析した。産業部門の省エネ技術は、炭素1トン当たりのCO2削減費用が2〜4万円であるものが多く、それらによって2010年度の日本全体のCO2排出量を約1%削減することができる。高効率モーターは、省エネ技術よりCO2削減費用が安価であるが、CO2削減量は限られる。家電機器のトップランナー効率基準の経済性を市場価格に基づいて評価すると、回収期間が3〜5年であるものが多く、効率基準の区分の見直しにより、追加的な省エネが期待できる。一方、電源構成の変更によるCO2削減費用は炭素1トン当たり2〜3万円程度であり、費用の増加は主にLNG複合火力の増設のためである。電促税のグリーン化は、石炭火力からLNG複合火力への変更により、2015年度以降では炭素換算1,000万トン以上のCO2削減が期待できるが、設備計画が変更できない2010年のまでの期間では、CO2削減効果はほとんどない。
[Abstract]
This study investigated economics of the measures for CO2 reduction. Considered measures are energy conservation in the industrial and residential sectors, and fuel switching in the power generation mix. The result shows energy efficient technologies in the heavy industries will be able to reduce CO2 by around 1% of total emission in Japan, however, most of the technologies cost 20-40 thousand yen per ton of carbon. Energy efficient motors can reduce CO2 more cheaply, but the total potential is quite limited.The economics of efficient household electric appliances are investigated based on the market price and simple pay back time is estimated to be 3-5 years. It shows that the classification of refrigerators in the efficiency standard may not be appropriate and additional conservation can be expected if the classification according to the adoption of some energy efficient technologies is removed. Finally, the cost of CO2 reduction through fuel switching in the power generation mix is analyzed. Marginal cost for reducing CO2 emission to the 90% level of 1990 in 2010 is calculated to be 20-30 thousand yen per ton of carbon. This is mainly the construction cost of LNG combined cycle power plant. Moreover, the "Greened" tax on electric power development acceleration is analyzed. The effect is quite limited until 2010, however, more than 3% reduction of total CO2 emission in Japan can be expected after 2015.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2000
発行年月 [Issued Year / Month]
2001/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

永田 豊

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
省エネルギー Energy Conservation
CO2排出量 CO2 Emission
電源構成 Power Generation Mix
産業部門 Industrial Sector
家庭部門 Residential Sector
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.