財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y00015
タイトル
原油価格上昇の日本経済への影響 -電中研短期マクロモデル2000によるマクロ影響の分析-
[Title]
The effects of oil price rise on the Japanaese Economy
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
2000年秋に公表された93SNAデータにより再構築した電中研短期マクロモデル2000により原油価格上昇のマクロ経済・電力需要への影響を計算した。その結果、同影響は第2次石油危機当時の1/4以下に小さくなっていること、販売電力量は、自家発から売電への戻りにより、価格効果の大きい1年目をピークに小幅増加することが判明した。原油CIF価格10%(約2$/b)上昇のシミュレーション結果によれば、実質GDPは原油価格不変のケースと比べて1年目0.02%、2年目0.08%、3年目0.18%減少する。主因は内需へのデフレ効果が第2次石油危機当時と比較して1/5以下に縮小していることと、外需が2年目以降、輸入の大幅な減少により増加することにある。経済影響の低下の背景には、各業界の脱石油努力、製品輸入の大幅増加、競争激化による石油業界での価格転嫁難、グローバル化・技術革新による資本財輸入物価の低下トレンド、為替レートの円高水準での安定などを背景とする原油価格上昇の国内物価への波及度の低下がある。
[Abstract]
We analyzed the impacts of surge in oil prices on the Japanese economy and power demand by the simulation experiments using the CRIEPI quarterly econometric model 2000(CRIEPISMODEL2000). The effects of a surge in oil prices and the implications for real GDP, inflation and power demand are summarized as follows:i) A sustained 10% (about 2$/bl) increase in the price of oil lessens real GDP by 0.02% in the first year, 0.08% in the second and 0.18% in the third. This decrease is less than one-fourth than that of the second oil shock. The decrease of the domestic demand is less than one-fifth than that in the oil shock periods, and the decrease of net export in the second and third year has become large. It would raise consumer prices only by 0.03% in the first year, 0.06% in the second and the third, compared to the base line case with stable oil price. ii) The main reasons for the decreased impacts are: the repercussion effect of oil price rise to domestic prices has become small as a result of the decrease of the dependence on import oil of the Japanese economy after the late 1980’s, stable exchange rate in the appreciated level to the US dollar and the surge of the elasticity of import to income factors.iii) Power demand (9 utility-sales-base) would increase by 0.09% in the first year, 0.17% in the second and the third owing to the returned demand from self-generation in material industries.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2000
発行年月 [Issued Year / Month]
2001/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

門多 治

経済社会研究所

星野 優子

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
計量経済モデル Macroeconometric Model
マクロ経済モデル Macroeconomic Model
原油価格 Oil Price
石油高騰 Oil Price Surge
シミュレーション分析 Simulation Analysis
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.