財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y00018
タイトル
家庭用直接負荷制御に対するキャンセル行動と流通設備繰延べ効果の分析
[Title]
Customers' Acceptance and Avoided T&D Costs of Direct Load Control Programs for Residential Customers
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
家庭用エアコンの直接制御試験データを用いて、個別世帯のキャンセル率をトービットモデルによって分析した。その結果、制御時間が1時間の場合には、3時間及び4時間の場合に比べてキャンセル率が減少することが明らかになった。また、キャンセル率は所得・世帯主年齢・幼児の存在等によって影響されることが示された。さらに、民生用のDSMとして直接制御と蓄熱空調システムの導入と合わせて、簡易系統モデルにより流通設備の回避原価を算定した。家庭用直接制御による流通設備繰延べ効果を期待できる地域は、電灯需要シェアが高い市街地や業務・住宅混在地域ではなく、業務用需要シェアが高く昼間ピークとなるビル街である。適切に導入されれば、発電部門と同程度の繰延べ効果を期待できる。
[Abstract]
We attempted to measure the effect of incentive payments based on shifted peak usage and information provided with a continuous-display device monitoring electricity use on residential electricity demand in a peak period. We investigated data from a residential direct and indirect load control experiment in Kyushu during 1996-1999, which provided cross-sectional data on time-of-day electricity consumption, appliance holdings, and economic/demographic characteristics for participants. This information was used to develop an econometric model for the demand. The estimation results indicate;1) a customerユs cancel rate of direct control of air conditioner depends on the length of control period, income, number of infants, and age of head of a household.2) the effect of incentive payments on load shifting was not significant for direct load control participants.3) information provision increases the peak to off-peak usage ratio.We also estimated a long-run avoided transmission and distribution (T&D) cost by residential direct load control and commercial thermal storage programs. The developed method to estimate avoided T&D cost seems promising to screen DSM target areas and combination of DSM programs. When DSM programs are implemented appropriately, estimated avoided T& D cost are comparable to avoided generation cost.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2000
発行年月 [Issued Year / Month]
2001/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

浅野 浩志

経済社会研究所

今中 健雄

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
デマンドサイド・マネジメント Demand-side management
家庭用電力需要 Household demand for electricity
直接負荷制御 Direct load control
回避流通コスト Avoided T&D cost
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.