財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y00024
タイトル
情報関連投資のマクロ計量分析
[Title]
Macroeconometric Analysis of IT Investment
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本報告では、情報関連投資の経済成長に及ぼす影響について定量的な分析を行った。(1)情報関連資本ストックの限界生産力は、経年的には低下しているが、1998年時点でも依然として高い水準を維持している。(2)GDP成長率への寄与をみると、80年代前半までは、その他一般資本ストックの貢献が大きかったが、90年代に入ってからは情報関連資本ストックの成長寄与度が最も大きくなっている。この結果から、情報化は日本経済の成長を支えているといえる。(3)開発したマクロモデルにより、民間部門のR&D投資が基準ケースより、2015年まで毎年1兆円上乗せされたシュミレーションを試みた。これによると、2015年では潜在GDPは約6.6兆円、実質GDPは約2兆円増加する。R&D投資を通じた情報化の進展による成長促進効果としては、供給力拡大をもたらす影響が大きいことが判明した。
[Abstract]
Encouraging IT(Information Technology) for economic growth is likely to be one of a few possible policy options in current Japanese economy with serious fiscal-monetary constraints. The purpose of this paper is to analyze the impact of IT investment on economic growth. To do so, we disaggregated capital investment and stock into IT and non-IT portions. Then, we constructed an IT-oriented macroeconometric model with endogenized IT investment and R&D expenditures on IT and non-IT. This model endogenizes technological progress in light of new growth theories by taking accounts of the effects of the IT diffusion in both supply and demand sides of the economy.The major quantitative results are summarized as follows. First, the marginal productivity estimate of IT capital stock is very high compared with that of non-IT capital stock (1.16 vs. 0.13). Second, IT capital contributes greatly in the 1990s, indicating the importance of IT capital in enhancing Japanese economic growth. Third, we conducted simulation experiments up to 2015 by increasing private R&D investments by one trillion yen for every year compared with the base run. R&D expenditures of the electrical machinery sector increase 450 billion yen per year on average. The results show that in 2015, the increase in potential GDP is about 6.6 trillion yen and about 2 trillion yen for the real GDP.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2000
発行年月 [Issued Year / Month]
2001/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

宮崎 浩伸

経済社会研究所

桜井 紀久

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
情報関連投資 IT Investment
技術進歩 Technological Progress
研究開発投資 R&D Investment
潜在GDP Potential GDP
NAIRU NAIRU
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.