財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y01001
タイトル
地域別製造業の成長と格差の分析 -労働生産性からみた47都道府県製造業の実態と構造-
[Title]
Regional Disparity of Labor Productivity in Manufacturing Sector
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
47県別製造業の成長と格差の実態を労働生産性により把握し、その要因を製造業13業種の業種別労働生産性と業種構成に求め分析した。労働生産性の低い県は高いグループへ移行せず、高い県は低いグループへ移行しないというように、労働生産性の水準格差は2分化されている。しかし、全国平均より高い成長を維持することは難しく、また相対的に低い成長が続くことも少なく、全国平均を中心に成長率が高い期間と低い期間を繰り返す傾向がみられた。47県間変動係数は1975年〜96年で0.22から0.28の間に収まっている。この変動係数に関する生産性要因値(業種ごとの労働生産性の差により生じるもの)と業種構成要因値(業種比率の違いにより生じるもの)を計測すると、業種構成要因値は一貫して低下したが、生産性要因値は緩やかに上昇している。変動係数が一定の水準にあるのは、生産性要因値の影響力が業種構成要因値よりも大きいことによる。
[Abstract]
This paper examines the growth and interregional disparity of manufacturing labor productivity using the Japanese 47 prefecture's production and employment data for 13 manufacturing sectors. The coefficient of variation of prefectural labor productivity is observed at the stable level between 0.22 and 0.28 over the period 1975-1996. The members of high and low groups of labor productivity tend to be fixed. However, almost all prefectures do not have relative high growth period compared to national average in all periods, because of different business cycle and wide varieties of sector shares. The difference in labor productivity is explained by the factors of industrial composition and productivity of each sector. The decomposition shows that the higher share of high-productive industry composition has small contribution, and the higher productivity of each sector contributes to most of the growth of labor productivity. Thus the differences in labor productivity of all sectors determine the coefficient of variation of manufacturing productivity among prefectures. Precise analysis of electric machinery sector shows that the increase in productivity accounts for the increase in total productivity in the developed regions, but in the small regions, the higher share of electric machinery sector contributes more to the increase in total productivity.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2001
発行年月 [Issued Year / Month]
2001/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

浅井 宏益

経済社会研究所

大河原 透

経済社会研究所

山野 紀彦

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
地域製造業 Regional Manufacturing Sectors
労働生産性 Labor Productivity
成長と格差 Growth and Inequity
業種構成 Industrial Composition
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.