財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y01004
タイトル
業務用需要家の省エネ投資選好の分析
[Title]
An Analysis of Stated Preferences of Commercial Customers in Energy-saving Investment
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
関東圏1都8県内に事業所がある企業と自治体を対象にアンケート調査を実施し省エネ投資選好データを収集した。本報告ではこのデータをロジットモデルを用いて分析し、省エネ投資の選択確率が需要家属性とどのような関係にあるのかを検討した。構成業種は事務所・ホテル・病院。需要家属性として次の5つを採用した:延床面積、事業規模(売上高、予算額)、エネルギー強度ダミー(病院・ホテル=1、事務所=0)、建物竣工年ダミー(新築=1、それ以外=0)、建物所有ダミー(テナント=1、自社所有=0)。推定結果から5%以下の水準で選択確率に有意な需要家属性として、延床面積、事業規模、エネルギー強度ダミーを抽出した。省エネ技術の例として高周波点灯照明+照明制御システムを取り上げ、この技術の選択確率を事務所ビル(企業)について試算した。売上高1兆円・延床面積10000屬亮要家では7.7%の選択確率があることが分かった。
[Abstract]
Individual preferences in energy conservation play significant roles in market penetration of energy-efficient(EE) technologies. Although the preferences are important for market-based promotion policy of EE technologies and for potential analysis of energy efficiency, there have been less reported studies on the individual preferences of commercial customers in energy efficiency in Japan. This report presents the results of our questionnaire survey of commercial energy users, such as department stores, supermarkets, hotels, hospitals and office buildings in the Tokyo Metropolitan area on investment in energy saving. The survey data is analyzed quantitatively by a logit model, which deals with customer’s choice of end use technologies depending on chooser-specific parameters and choice-specific parameters. We discuss in particular the dependence of discounted rates used to evaluate EE investment on customer-specific parameters such as floor space, vintage of building and sales/budget of organization. High frequency fluorescent lighting system is taken as an example of EE technology to see the effectiveness of the proposed bottom-up approach to estimate potential selection of energy efficient equipment based on commercial customers' stated preferences.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2001
発行年月 [Issued Year / Month]
2001/07
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

高橋 雅仁

経済社会研究所

浅野 浩志

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
省エネルギー Energy Efficiency
業務用需要家 Commercial customers
投資行動 Investing activity
表明選好 Stated preference
ロジットモデル Logit model
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.