財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y01005
タイトル
最適化型世界土地利用エネルギーモデルによるバイオエネルギー評価
[Title]
Bioenergy in Energy Systems Evaluated by a Global Land Use and Energy Optimization Model
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
バイオエネルギーは人類の持続可能な発展のための主要なエネルギー源の一つとして期待されている。本研究の目的は、世界のバイオエネルギー供給可能量とバイオエネルギー関連コストの総合評価である。そのため、最適化型世界土地利用エネルギーモデル(略称:GLUE2.0)を開発し、シミュレーション分析を行った。(1)バイオマス残渣のエネルギー供給可能量は、バイオマスの主要輸出地域である北米など、および大消費地域である中国等で大きい。(2)バイオエネルギー利用量は、2050年の世界で、CO2排出制約なしケースで50 EJ/年、CO2排出量を30%削減するケースで117 EJ/年である。特に、CO2排出制約は、資源コストが中位のバイオエネルギー資源(産業用丸太伐採時残渣など)の利用量を増加させる。(3)CO2排出制約有りのケースでは、特に、バイオマスガス化と産業用熱供給の技術利用が大きい。
[Abstract]
In order to evaluate bioenergy resources and bioenergy utilization technologies systematically, we developed a global land use and energy optimization model. We set CO2 emission constraints and conducted simulation analyses using the model. Through a set of simulations, we obtained the following results.(1) There will be ultimate supply potential of energy crops produced from surplus arable land in North America, Western Europe, Oceania, Centrally Planned Asia, Other Asia, Latin America, and Former USSR & Eastern Europe in 2050. Ultimate supply potential of biomass residues will be large in North America, Centrally Planned Asia, Other Asia, and Latin America where will be major consumers or exporters of biomass. (2) CO2 emission constraints will be advantageous to bioenergy the net CO2 emission of which is zero. Especially, CO2 emission constraints will enlarge uses of industrial roundwood harvesting residues, paper scrap, cereal harvesting residues, animal dung, human feces, and energy crops. (3) Various kinds of bioenergy utilization technologies will be used in a case with CO2 emission constraint in 2050. Especially, technologies of gasification and industrial heat supply will be introduced largely under constraints of CO2 emissions.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2001
発行年月 [Issued Year / Month]
2001/08
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

山本 博巳

経済社会研究所

藤野純一

国立環境研究所

山地憲治

東京大学

キーワード [Keywords]
和文 英文
バイオエネルギー Bioenergy
バイオマス Biomass
バイオエネルギー利用技術 Bioenergy Utilization Technologies
バイオエネルギーコスト Bioenergy Cost
世界土地利用エネルギーモデル Global Land Use and Energy Model
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.