財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y01008
タイトル
米国卸電力市場における市場支配力の経済分析 -理論的基礎と実証研究および政策オプションの展望-
[Title]
A Review of Economic Analyses of Market Power in U.S. Electricity Wholesale Market-Theoretical Foundation, Empirical Evidences and Policy Options
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本報告は、米国の卸電力市場における市場支配力の問題に関する経済分析のサーベイである。米国における卸電力市場の発展の経緯を振り返った後、市場支配力の理論的基礎を整理し、特に電力市場が市場支配力に対して脆弱であることを示す。次に、先行的な実証分析から、米国の諸地域における市場支配力の実態を概観する。特にカリフォルニアについては詳細な実証分析が蓄積されており、そのほとんどが発電会社による市場支配力の行使を示唆する結果を得ている。こうした分析に対しては批判もあり、慎重な評価が必要だが、市場支配力が潜在的に大きな問題になりうることを示している。北東部はまだ予備的な分析が多く結果も一様ではない。最後に市場支配力を軽減するための政策オプションをめぐる米国での議論は、送電容量の拡張や需要の価格反応度を高めるための実時間料金制など、競争的電力市場を支えるための社会基盤の整備が必要であることを示唆している。
[Abstract]
This paper is a survey of the recent economic analyses of market power issues in U.S. electricity wholesale markets. After a brief overview of the development of electricity wholesale markets in the U.S., we discuss theoretical foundation of market power in an imperfectly competitive market and explain the potential vulnerability of electricity market to the exercise of market power. Then, we review the recent empirical studies on market power in U.S. regional wholesale market, including California, PJM (Pennsylvania-New Jersey-Maryland), New England and New York. Many studies found some empirical evidences of generators’ exercise of market power in California market since its operation. These studies claim that market prices were higher than their estimated marginal cost and their capacities were strategically withheld in order to raise the market price. There are criticisms, however, against these studies insisting that these findings may be explained by factors other than market power. For three other regional markets in Northeast area of U.S., there are also some empirical analyses to point out potential exercise of market power, but most of them are preliminary at this point, partly due to the lack of enough data. Finally, we discussed several policy options to mitigate the exercise of market power in electricity market. U.S. economists tend to insist to expand transmission capacity and increase demand responsiveness to wholesale prices by introducing real time pricing. These ideas reflect needs for an infrastructure to support competitive electricity market.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2001
発行年月 [Issued Year / Month]
2002/01
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

服部 徹

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
市場支配力 Market Power
卸電力市場 Wholesale Electricity Market
電力自由化 Liberalization of Electricity Industry
電力取引市場 Power (Exchange) Market
米国 United States
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.