財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y01009
タイトル
1995年産業連関表を用いたエネルギーおよび温室効果ガス原単位の推計 -海外の生産活動の実態を反映したインベントリデータ-
[Title]
Estimation of energy and greenhouse gas intensities using 1995 Japanese input-output table: inventory data reflecting the actual conditions of overseas production activities
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究の目的は、エネルギー消費と地球温暖化に焦点をあて、最新の産業連関表(1995年表)を用いて、各財・サービスのエネルギー原単位、および、二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素の排出原単位を推計することである。本研究では、我が国の産業連関表では網羅されない海外の生産活動を考慮して、各財・サービスに関して「実態反映型」と呼ばれる排出原単位を求めた。この排出原単位(実態反映型)と、輸入財をすべて国産と仮定して推計するという従来手法による排出原単位(国産仮定型)を比較すると、財・サービスによっては大きな差異があることが確認された。この差異の主たる原因は、国産仮定型では、LNGの液化とアルミ新地金の製錬について海外での実際の活動が考慮されず過小評価されてしまうことにある。加えて、地球温暖化の側面から財・サービスの特性を評価する際、その種類によっては、CO2だけではなくCH4とN2Oを考慮する必要があることが確認された。
[Abstract]
Input-output tables have been used to perform environmental analysis by life cycle approach (LCA). Practical application of IO tables to LCA requires collecting and processing reliable environmental data. Most of previous LCA case studies using Japanese IO tables have focused only on energy requirements and CO2 emissions because of the lack of high quality data concerning other environmental stressors. The objective of this study is to estimate total energy intensities as well as total CO2, CH4 and N2O emission intensities of commodities using Japanese latest IO table (1995). In this study, emission intensities were estimated by combining process and IO analysis methods. This hybrid analysis method enables to reduce economic boundary error, which is caused associated with not examining actual activities outside the national/regional economy considered. The results of this study quantitatively show that economic boundary error is not negligible for Japan where import is dominant in terms of natural resources and raw materials. This error arises mainly because Japan doesn’t have domestic activities of producing primary aluminum and liquefied natural gas. In addition, this study shows that CH4 and N2O emissions are not negligible when performing LCA studies from viewpoints of global warming. Rear tasks ahead are the development of substantial environmental database for IO tables as well as the reduction and the evaluation of errors associated with various uncertainties of emission intensities.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2001
発行年月 [Issued Year / Month]
2002/01
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

本藤 祐樹

経済社会研究所

森泉 由恵

慶応義塾大学 商学部

外岡 豊

埼玉大学 経済学部

キーワード [Keywords]
和文 英文
LCA LCA
インベントリ分析 inventory analysis
地球温暖化 global warming
産業連関表 input-output table
不確実性 uncertainty
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.