財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y01010
タイトル
米国地域配電会社の料金規制と経営効率性 -原価主義規制から成果主義規制への移行とその成果-
[Title]
Impact of the Transition from Cost-Based Regulation to Performance-Based Regulation on Efficiency of Local Distribution Companies in the U.S. Electricity Industry
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
最近の米国の配電事業においては、様々なタイプの成果主義規制の導入が目立ってきている。本報告ではPBRの概要や導入の状況について振り返った後、まず、効率化の観点から望ましい配電事業の成果主義規制の設計に関する課題について理論的考察を行って、現実に採用例の多い収入キャップ方式に対する経済学者の批判などのレビューを行った。次に、1991年から2000年までの米国の電力会社のパネルデータを用いて、成果主義規制の導入と効率性の関係について実証分析を行った。運転保守費用と設備投資費用の回帰式を誤差要素を考慮した見かけ上無相関な回帰によって推定した結果、PBRを積極的に導入している州では、従来から設備投資費用が高く、またPBRの導入によってその削減が進んでいることが明らかになった。ただし、運転保守費用はもともと低水準の州もあり、PBR導入後も必ずしも削減されているわけではない。
[Abstract]
Performance-Based Regulation (PBR) has become popular in the U.S. electric utility industry. A transition toward PBR is particularly relevant to local electricity distribution companies. After a brief overview of the current status of PBR in the U.S. electricity industry, we discuss some theoretical issues in designing effective PBR. Then we investigate the determinants and effects of implementing PBR for the local distribution companies in the U.S. by examining the cost efficiency of electricity distribution in each state. Using the panel data for investor-owned electric utilities during 1991-2000, we estimated two regression equations for operation and maintenance expenditure and capital expenditure of electricity distribution. We then evaluate state-specific effects and their rate of change over the decade. Our results indicate that among the states with experiences of implementing PBR has been inefficient as to capital expenditure, indicating the opportunity for cost reduction by PBR, but they have not necessarily been inefficient as to operation and maintenance expenditure. Our results also indicate that introducing PBR have effectively reduced capital expenditure over the decade, though it has not yet reduced operating and maintenance expenditure.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2001
発行年月 [Issued Year / Month]
2002/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

服部 徹

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
料金規制 (Rate) Regulation
地域配電会社 Local Distribution Companies
効率性 Efficiency
成果主義規制 Performance-Based Regulation
パネルデータ分析 Panel Data Analysis
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.