財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y01016
タイトル
原子力停止の影響分析
[Title]
Economic Analysis of Phasing out Nuclear Power Generation
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
原子力発電所を停止した場合の影響について分析した。主な結果は次の通り。(1)世界全体で2025年にかけて段階的に停止した場合、化石燃料名目価格は2025年で原油が1.0〜11.4%、石炭が5.3〜7.6%、天然ガスが5.6〜33.7%上昇し、同年の実質GDPは0.3〜1.3%減少。(2)世界各国で即時に停止すると、化石燃料価格はどれも2倍前後の水準まで急騰する。(3)日本のみが緩やかに停止すると、2025年で電気料金は約7%高くなり、実質GDPは0.2%減少する。エネルギーの輸入依存度は2025年に87.4%。(4)(3)で、2025年にCO2排出量は約4,170万t-C増加。炭素税によって2025年のCO2排出量を90年比マイナス10%の水準まで抑制する場合、実質GDPの減少炭素1トン削減につき、停止しない場合で概ね10万円台、停止する場合で10万円台から30万円台まで増加する。
[Abstract]
This study investigates the effects of phasing out nuclear power plant. Considered effects are changes in energy prices, dependence of imported energy, CO2 emission, and impacts on macro economy and industrial structure. Moreover, the effect of introducing carbon tax is analyzed to evaluate the economic value of nuclear power to achieve the emission target of CO2 in future. The results of the analyses are as follows:(1) Phasing out nuclear power generation over the world toward 2025 will bring higher fossil fuel price. Rising rates of fuel prices in 2025 are estimated to be 1.0-11.4% for oil, 5.3-17.6% for coal, and 5.6-33.7% for natural gas respectively. Real GDP will decrease by 0.3-1.3% because of this price changes.(2) Stopping new construction of nuclear power plants in Japan will bring higher electricity price and lower prices of petroleum products. Dependency of imported energy will increase by 10.2 points and will reach 87.4% in 2025. Real GDP will decrease by 0.2% by higher electricity price. Textiles, non-ferrous metal, utilities, primary industries, and electric machinery industries will be suffered relatively severe damages.(3) CO2 emission in 2025 will increase by 12.1% in the Japan case shown above. Imposing carbon tax will bring severe damage to the economy and accumulated GDP loss will reach 147 trillion-yen (1990 price).
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2001
発行年月 [Issued Year / Month]
2002/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

永田 豊

経済社会研究所

星野 優子

経済社会研究所

服部 恒明

経済社会研究所

若林 雅代

経済社会研究所

桜井 紀久

経済社会研究所

大河原 透

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
原子力発電 Nuclear Power Generation
電力自由化 Deregulation of Electricity Market
日本経済 Japanese Economy
炭素税 Carbon Tax
シミュレーション分析 Simulation Analysis
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.