財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y01017
タイトル
世界エネルギーモデルWEP2001の開発
[Title]
The Development of World Energy Prices Model WEP2001
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
第2次石油危機以降、世界エネルギー市場ではさまざまな構造変化が進んでいる。こうした世界エネルギー市場での構造変化を反映させるため、IEA統計をベースとして新たに構築した1980-98年の世界エネルギー需給データベースを用い、世界エネルギーモデルWEP2001を開発した。 モデルの特徴としてまず、国際石油、石炭価格にくわえ、国際天然ガス価格を世界市場での需給均衡から内生化している点があげられる。天然ガスについては、北米、アジア、欧州の3市場に分けてモデル化した。次に、従来のG7各国に加え、中国、アジアについても、最終エネルギー消費および発電部門燃料消費を内生化し、両地域の経済成長やエネルギー需要構造が世界エネルギー市場へ与えるインパクトを分析することができるようになった。さらに、OPEC石油生産についても、大規模な埋蔵量を持つカルテルコアグループおよび非カルテルコアグループの2つに分けて内生化を試みた。
[Abstract]
We have developed a new world energy demand and supply model, so-called the World Energy Prices Model WEP2001, in which world primary energy prices are endogenously determined by global balances of energy demand and supply. This model has a detailed final energy demand model for individual G-7 countries, China and the other Asian region. WEP2001 also includes demand and supply model of the major three international gas markets, North American and European pipeline gas and Asian LNG. The sensitivity tests of WEP2001 are summarized as follows:(1) If GDP for G-7, China and the other Asian countries, which consume 60% of world primary energy resources, decrease by 1%, international prices of oil and coal go down by 3.6% and 2.4% respectively and international prices of north American pipeline gas, European pipeline gas and Asian LNG decrease by 3.4%, 3.6% and 5.9% respectively. (2) If OPEC cuts its oil supply by 1% (equivalent to nearly three hundreds thousand barrels per day), the world oil price rises by 4.7%.(3) If GDP of China and the other Asian countries, which consume 20% of world primary energy resources, increase by 1%, prices of world oil, coal and Asian LNG rise by 0.9%, 1.0% and 2.6% respectively.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2001
発行年月 [Issued Year / Month]
2002/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

星野 優子

経済社会研究所

熊倉修

亜細亜大学 経済学部

内田 光穂

経済社会研究所

大河原 透

経済社会研究所

服部 恒明

経済社会研究所

桜井 紀久

経済社会研究所

永田 豊

経済社会研究所

山本 博巳

経済社会研究所

鳴鹿 正浩

経済社会研究所

毛利雄一

(財)計量計画研究所 経済社会研究室

米川誠

(財)計量計画研究所 経済社会研究室

宮川昌之

(財)計量計画研究所 経済社会研究室

キーワード [Keywords]
和文 英文
エネルギーモデル Energy Model
世界エネルギー需給 World Energy demand and supply
石油価格 Oil Price
天然ガス Natural Gas
トランスログ型関数 transcendental logarithmic function
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.