財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y01018
タイトル
世界経済リンクモデル(MCLM)の開発とシミュレーション分析
[Title]
The Development of the Multi-Country Linkage Model (MCLM) and Simulation Analysis
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本報告は、相互依存関係を深める日本など先進7ヵ国とアジア経済の動向を定量的に分析するために、新たに開発した世界経済リンクモデル(MCLM)の概要を説明するとともに、このモデルを用いて各種シミュレーション分析を実施、先進国、アジア経済間の経済リンケージの定量的評価を行う。MCLMは、国別マクロモデルを貿易連関モデルでリンクした年次計量モデルであり、各国のGDP、賃金・物価、利子率、為替レート、失業率等の経済変数が国際連関の下で整合的に決定される。モデルの最終テストの結果によれば、GDPの誤差率は先進国1〜4%、アジア諸国2〜7%とアジアの予測精度は落ちるが、誤差の一方的累積は見られず、予測に十分使用可能とみられる。また、このモデルを用いて、\府支出拡大、短期金利上昇、0拌悒譟璽噺魂繊↓じ玉価格上昇、テ本の電気料金低下の効果についてシミュレーション分析を実施した。
[Abstract]
This paper describes the CRIEPI's new multi-country linkage model (MCLM ver.1), which currently covers the G-7 countries (the United States, Japan, Germany, France the United Kingdom, Italy and Canada) and ten major Asian countries (China, Korea, Taiwan, Hong Kong, Singapore, Thailand, Malaysia, Indonesia, the Philippines, and India). The key endogenous variables for each country- which include GDP and its components, inflation, the trade and current balances, exchange rates and import prices - are driven by population, monetary and fiscal policy, world demand and energy prices, and through a trade linkage sub-model, these country variables are interacted with those for other countries. The model is essentially a demand-side model with a particular focus on the impact of global linkages and the transmission of influences of demand and supply shocks between countries and regions.Five simulation experiments are undertaken, namely (1) an increase in government expenditure and (2) an increase in the target level of the short-term interest rates, (3) exchange rate depreciation for Japan, Germany, China and Korea, (4) an increase in the world price of oil, and (5) an decrease in the price of electricity in Japan. These simulation results reflect the combination of unadjusted model properties and the specific stylised policy assumptions made. In the course of our routine study for the long-term economic projections, these are augmented by specific additional judgements and assumptions concerning various future scenarios for world and Japanese economy.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2001
発行年月 [Issued Year / Month]
2002/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

桜井 紀久

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
先進国 G-7 Countries
アジア経済 Asian Economy
国際連関 International Linkages
世界経済リンクモデル Multi-Country Linkage Model
シミュレーション分析 Simulation Analysis
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.