財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y02005
[Title]
A Multilateral Comparison of Total Factor Productivity of Northeast Asian Electric Utilities
タイトル
A Multilateral Comparison of Total Factor Productivity of Northeast Asian Electric Utilities
[Abstract]
Based on a formula proposed by Caves, Christensen and Diewert, we have carried out a multilateral comparison of total factor productivity(TFP) among eleven power companies in northeast Asia during the period from 1985 through 1995. We have observed recent trends in TFP of the electric power industry in this region and have analyzed the factors to improve TFP. From 1985 to 1995, the TFPs of these companies appear to have increased steadily in general. The TFPs of Japanese power companies have increased steadily in 1980’s, but their growth rates slowed sharply after 1990 due to a fall in demand after the collapse of the bubble economy. On the other hand, theTFPs of KEPCO and TAIPOWER have increased at an annual average rate of 4%, and their levels caught up with that of major Japanese utilities by mid-1990s. After measuring TFP, we have explored the factors that might explain the productivity differences recorded by different companies in different years. Using the least squares method, we analyzed the relationships between TFP and technical efficiency indexes (thermal efficiency, transmission loss, etc.) and regional environmental condition indexes (demand density, etc.)
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
北東アジアの電気事業を対象にTFP(総合生産性)を計測し、日本の電気事業のアジアにおける競争力を評価した。85〜95年の11年間を通してみると。TFPは各国ともゆるやかに上昇している。しかし、これを時系列的にみると、日本の場合85年から86年にかけて、Plaza合意後の急激な円高に伴う需要の低迷により8社のTFPは、前年比マイナスを記録した。その後、順調な回復を遂げたが、バブル経済の崩壊以降の90年以降、TFPの上昇速度は急速に鈍化している。他方、 KEPCOと台湾電力は、この15年間を通じて、年平均3~4%と日本の倍のスピードで生産性は上昇している。近年、鈍化の兆しが認められるものの、生産性の水準は90年代半ばには日本にキャッチアップしたことを観測した。TFPの企業間、年度間の差異を熱効率、送配電ロス率、発電設備稼働率、原子力比率、需要密度等で要因分析をした結果,短期的には需要要因が、長期的には熱効率や送配電ロス率など技術効率の改善がTFP改善の決め手となることを確認した。
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2002
発行年月 [Issued Year / Month]
2002/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

内田 光穂

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
電力産業 electric power industry
規制緩和 deregulation
総合生産性 TFP
経営効率 management efficiency
北東アジア northeast Asia
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.