財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y02007
タイトル
為替レート短期予測モデルの開発
[Title]
A Model for the Short-term Forecast of Yen-Dollar Exchange Rate
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本報告は、短期経済予測のサブモデルとして開発された為替レート予測モデルについて説明するものである。このモデルは、為替レート理論の基本的な考え方に基づき、現実の外国為替市場参加者の行動特性を取り入れて開発したものであり、モデルの特徴を示すために、本報告の前半では、為替レートの基礎理論とその現実性について概観し、どういった問題意識でモデルを開発したのかを説明することとする。後半では、アセット・アプローチを基礎としたモデルの構造について述べるが、第1に、物価要因と金利要因がラグを伴って為替レート変動を引き起こすと考えたこと、第2に、累積経常収支をリスク・プレミアムに影響しやすい部分とそうでない部分に分けたこと、第3に、リスクを考慮して、円高・円安の限度を一定確率の下で示すものであることが、今回のモデルの特徴である。また、予測作業におけるデータの扱いやすさにも留意したモデルとなっている。
[Abstract]
This report is to explain a model for forecasting exchange rates which was developed as a sub-model for short-term economic forecasting. Based on the fundamental exchange rate theory, this model incorporates the behavioral characteristics of actual exchange rate market participants. To explain the features of the model, the first half of the report outlines the fundamental exchange rate theory and its plausibility, and then discusses what problem awareness the author had in developing the model. The second half of the report discusses the structure of the model based on the asset approach. The key features of the present model are as follows. First, the model assumes that the lagged impact of prices and interest rates causes fluctuations in exchange rates. Second, accumulated current account balances are classified into elements which affect risk premiums and ones which do not. Third, the limit of the yen’s appreciation or depreciation is indicated under a specific probability in consideration of risks. The model also takes into account easy data-handling for forecasting activity.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2002
発行年月 [Issued Year / Month]
2002/10
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

吉本 佳生

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
為替レート Yen-Dollar exchange rate
短期予測 short-term forecast
アセット・アプローチ asset approach
カバーなし金利平価 uncovered interest rate parity
ボラティリティ volatility
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.