財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y02013
タイトル
電力経営におけるリアルオプションの価値評価手法と適用事例
[Title]
Description and Use of Real Option Valuation in the Electric Utility Industry
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本報告では、不確実性の下で経営の柔軟性を持つことの価値としてのリアルオプションの基本的な考え方や定量化手法について整理し、発電分野の投資の意思決定に関するモデル事例の分析や欧米の先行的な適用事例に関する文献調査を通して、その電力経営への適用可能性を検討した。電力の自由化が進展する中、電力会社の経営、とりわけ設備投資の意思決定においては、リアルオプションの評価が重要になると考えられる。定量化手法の限界には注意する必要があるが、二項ツリーと呼ばれるモデルを用いて、新規投資を延期することの価値や、老朽設備の運転を継続することの価値、将来規模を拡大することのできる価値など、様々なタイプのリアルオプションを現実のデータを用いて評価することが可能である。欧米では、すでに発電所の価値評価にリアルオプションの評価手法を適用しており、分散型電源や研究開発などの投資プロジェクトの評価への適用も考えられている。
[Abstract]
As the electricity industry is liberalized, electric utilities are gaining much more managerial flexibility, but at the same time, facing greater risk. In such a situation, it is important for electric utilities to effectively manage the risk associated with their business and to make appropriate decisions to keep profitable opportunities. Under conditions of uncertainty, managerial flexibility is of great importance in decision making, particularly for capital investment. Real option valuation is the business practice of measuring the value of keeping profitable opportunities while avoiding risk. The concept and method of real option valuation has become increasingly important to the electric utility industry. We applied the binomial tree model of option pricing to several simplified and hypothetical decision making problems in capital investment involving power plants. We evaluate the value of an option to defer investment, an option to extend the life of an old plant near retirement, and an option to expand plant capacity. We showed that valuing these three real options would lead to decisions that are different from the decisions reached by the conventional net present value approach. In the U.S. and Europe, the techniques of real option valuation have been applied to the valuation of power plants that are candidates for divestiture via auction. Applications to other investment decisions of electric utilities are expected to increase in the future.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2002
発行年月 [Issued Year / Month]
2003/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

服部 徹

経済社会研究所

吉本佳生

南山大学 経済学部

高橋 雅仁

経済社会研究所

松屋親広

中国電力(株) エネルギア事業推進室

山口 順之

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
リアルオプション Real Options
設備投資 Capital Investment
価値評価 Valuation
柔軟性 Flexibility
不確実性 Uncertainty
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.