財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y02015
タイトル
都市の空間構造がCO2排出削減効果に与える影響 -−地域冷暖房及び太陽光発電システムの導入を考慮して−-
[Title]
Effects of Spatial Structure of a City with District Heating and Cooling and Photovoltaic Systems on CO2 Emission Reduction
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究では、都市の空間構造を規定する建物容積率や用途構成に応じて、コージェネレーションを用いた地域冷暖房、及び太陽光発電システムのCO2排出削減効果を算出するモデルを開発し、空間構造に応じたシステムの導入効果、及びCO2排出の少ない都市構造のあり方を明らかにした。まず、地域冷暖房のCO2排出削減効果及び従来型システムと比較したコスト上昇分当りの削減効果(コスト当り効果)を算出し、容積率に応じた変化の様子や、効果の大きい用途構成等を明らかにした。次に、地域冷暖房と太陽光発電の導入効果を比較し、低容積率地域への太陽光発電導入によるCO2排出削減効果は、高容積率地域への地域冷暖房導入効果を上回ること等を示した。さらに、都市に、面積制約や上限容積率制約を課し、地域冷暖房地域と太陽光発電地域の両地域を構築した場合のCO2排出削減効果やコスト当り効果を算出し、効果の大きい地域構成等を明らかにした。
[Abstract]
The objective of this paper is to clarify how spatial structure of a city with district heating and cooling(DHC) and photovoltaic (PV) systems affects CO2 emission reduction. First, the author develops an estimation model for CO2 reduction by the DHC using combined heat and power generation. Applying the model to a district consisting of offices, stores and residences, the author shows CO2 reduction ratio with land use patterns and gross volume ratio of the district. When volume ratio is low, reduction ratio at which the district is occupied by stores is the largest. But, with the increase in volume ratio, reduction ratio at which the residential use accounts for 40-80% is getting larger. Second, the effects of the PV are examined according to volume ratio on the assumption that the PV is installed in accordance with a part of a district area. In addition, the author compares the effect of the PV with that of the DHC according to volume ratio. When the PV is installed at 10% of the district area and volume ratio is 40% or below, CO2 reduction ratio by the PV is larger than maximum reduction ratio by the DHC. Last, assuming the constraints in the city area and upper volume ratio, the author shows the combinations of the DHC and PV districts in a city that maximize CO2 reduction ratio and the amount of CO2 reduction per cost.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2002
発行年月 [Issued Year / Month]
2003/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

田頭 直人

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
都市 City
空間構造 Spatial Structure
CO2排出削減 CO2 Emission Reduction
地域冷暖房 District Heating and Cooling
太陽光発電 Photovoltaic Generation
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.