財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y02021
タイトル
地域間産業連関分析のための全国10地域別雇用表の開発
[Title]
Estimating the tables on person engaged in production activities by 10 power-supply regions:1990 and 1995
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本報告書では,電中研10地域に対応する1990年及び1995年の雇用表を開発し,2時点間の就業者数変化を10地域・26部門別に明らかにしている.同期間では,農林水産業、製造業の就業者数は減少しているものの,建設業,サービス業での増加がそれを上回るため,東北を除く各地域で就業者数は増加した.また首都圏,中部,関西の3地域の就業者誘発では,他地域に比べて地域間の誘発に多く依存している.また,部門別の就業者数増減の要因分解分析を行った結果,製造業の要因は地域によって一様ではないが,サービス業では各地域ともに自地域内需要に依存していることが明らかとなった.現在,地域の雇用対策は需要政策による雇用確保から創業による雇用創出へと重点をうつしており,その主体としてサービス業の果たす役割が期待されている.しかし,サービス業の就業者数増減は自地域内需要に依存しており,各地域で雇用を確保するためには,各地域固有の技術基盤や資源に着目した産業集積を進め,地域内での労働需要増加を図ることが必要である.
[Abstract]
The purpose of this paper is two-folds. One is to estimate the table on persons engaged in activities by region for years 1990 and 1995. The other is to examine the factors affecting to the change in the regional and sectoral employment. For all regions except Tohoku, the employment in manufactures decreased while the employment increased in service sectors between 1990 and 1995. Using input-output model for employment, we found that the inter-regional employment inducement has large proportion of the total inducement in Shuto-ken, Chubu, Kansai, while the induced employment in other regions depends on intra-regional propagation. We, furthermore, found that the major factor affecting the induced employment in manufactures varies across regions, while the employment in service sector in all regions depends on the inducement by intra-regional demand. Since the manufactures are required to increase labor productivity for keeping competitiveness, the service sector is expected to play major role on employment generation in regions. Our findings imply that developing economic activities in each region, focusing on regional technology fundamentals and resources, is required to stimulate the intra-regional labor demand.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2002
発行年月 [Issued Year / Month]
2003/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

篠崎 武久

経済社会研究所

人見 和美

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
地域経済社会 Socio-Economic Aspects of Regional Structure
長期展望 Long-Term Outlook
計量経済分析 Econometric Analysis
産業連関分析 Input-Output Analysis
要因分解分析 Factor Decomposition Analysis
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.