財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y02023
タイトル
電力取引における相対契約交渉過程モデルの開発 -適応エージェントモデルによる市場シミュレーション-
[Title]
A Negotiating Process Model of Bilateral Contracts for Electricity in Agent-based Simulation
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
わが国の今後の電力市場創設に向けての議論を進める上でも、主要な位置を占めるであろう相対取引の特性を明確にするために、本研究では、卸電力市場での発電事業者と供給事業者の相対契約形成時のダイナミックな交渉過程のマルチエージェントシステム型のモデルを開発し、数値実験により相対取引の基本的な現象を解明した。このモデルにより、様々な市場環境下における発電事業者の価格戦略等の相対取引の特性の分析が可能となった。 さらに、本モデルを用いた数値実験により、以下のような相対契約交渉における基本的な現象が明らかとなった。〜蠡仄莪の平均約定価格は、取引相手の情報不足による非効率などにより、差異は生じるものの、仮想的な競争均衡価格の近傍で成立する。∩竿電事業者の限界費用が等しいとする競争的環境の下では、取引関係がロックインされず、取引は短期化する。また、需給が逼迫状態であれば、逆に取引関係が固定化される傾向がある。F碓貍魴鏖爾任虜童柔テストの結果、相対契約の持続化は、ある特定のエージェントの組合せで起きるのではなく、むしろ蓋然性が強いことが分かった。その結果、相対取引関係の固定化は、はじめのわずかの差異が偶然の作用で強化されることで生じるものと考えられる。特殊投資やスイッチングコストの存在とは別に、取引実績も取引関係を固定化する重要な誘因のひとつとして考えられる。
[Abstract]
In this paper we present our new agent-based computational negotiating process model of bilateral electricity contracts to investigate the nature and property in a bilateral transaction market. We constructed a dynamic negotiating process where the seller agents choose a negotiating partner and offer a contract price sequentially, and the buyer agents reject or defer to do it till coming of the other desirable one. In this modeling we developed a matching and negotiating algorithm and applied a kind of learning classifier system. The result of numerical experiments using this model proves that the bilateral transaction with the imperfect and incomplete information has some inefficiency, since an average contract price of numerical experiments is in only neighborhood of a virtual competitive equilibrium price, not equal to it. This difference is given by an inefficiency of the imperfect and incomplete information, which means that no agent know the other sale agreements and the other agent’s attribution. Moreover, we find some sustainable property of a bilateral contractual relation. Whether a bilateral contractual relationship between any agents is sustained or not through a re-contract depends on a contract market status. In the competitive contract market, a bilateral contractual relationship is terminated immediately. On the other hand, the relationship is locked in if the contract market is short of the supply capacity. However, a sustainable bilateral relationship occurs probabilistically. This result comes from a path dependence of a seller’s negotiating strategy in a bilateral contract. Because a seller’s negotiating ranking for a buyer depends on an experience of transaction with him in our model, a sustainable bilateral relationship begins with a casual bilateral transaction. This shows that a trust formed by an experience of transaction is also an important incentive that fixes the long-run relationships.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2002
発行年月 [Issued Year / Month]
2003/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

渡邉 尚史

経済社会研究所

山口 順之

経済社会研究所

岡田 健司

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
相対取引 Bilateral transaction
卸電力市場 wholesale power market
シミュレーション分析 simulation analysis
マルチエージェントシステム multi-agent system
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.