財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y03001
タイトル
業務部門エンドユースエネルギー原型モデルの開発 -空調・給湯需要分析への適用-
[Title]
Development of a proto-type of end-use energy model for commercial sector and its application to demand analysis of HVAC and hot-water supply systems
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
電力会社大の業務部門を対象に、機器毎あるいは顧客毎にエネルギー需要を積み上げる需要想定手法であるエンドユースモデル(以下EUモデル)の原型モデルを開発し、モデルを用いて関東圏の主要4業種(事務所、卸小売、病院、ホテル)の空調・給湯分野を対象にしたケーススタディを行った。開発したEUモデルの特徴は、業種や延床面積などの需要家属性をベースに市場セグメンテーションを行い、電力会社やガス会社などエネルギー事業者の料金戦略(料金値下げや選択約款の追加など)や技術開発(効率改善や新製品開発など)を陽に反映させながら、セグメント毎にそれらが需要構造に与える影響を定量的に検討出来ることである。ケーススタディとして、電力料金の値下げや電気空調の効率改善に対する電力需要の感度分析や、電気空調の高効率化とガスコージェネレーションの導入促進を比較するシナリオ分析などを行った。
[Abstract]
Technological innovation might lead to a structural change in future energy market. For example, gas cogeneration systems and advanced heat pump systems are recognized as key technologies to reduce greenhouse gas emission. Ongoing retail liberalization of electricity and city gas markets might be another key factor of increasing competition in the energy market. We have developed a proto-type of end-use energy model for Japanese commercial sector that assesses the impact of innovative energy technology on future energy demand and environmental emission level, reflecting details on individual technological parameters, e.g. installation cost, energy price and coefficient of performance. Our model has a unique feature that technology choice among energy systems is determined by segmented end users with various choice criterions.As a case study, we focused on commercial HVAC and hot-water supply systems in Kanto area that almost covers Tokyo Electric Power Company, and applied the model to demand forecasting and sensitivity analysis of energy demand by fuel type in FY2010. We compare the impacts of gas cogeneration systems and advanced heat pump systems on energy efficiency and CO2 emission in a regional competitive energy market by scenario-based model analysis.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2003
発行年月 [Issued Year / Month]
2003/06
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

高橋 雅仁

経済社会研究所

浅野 浩志

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
エンドユースモデル End-use model
業務部門 Commercial sector
空調・給湯用途 HVAC and hot-water supply
ガスコージェネレーション Gas cogeneration
需要分析 Demand analysis
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.