財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y03005
タイトル
実効性ある社内通報体制と公益通報制度のあり方 -―企業コンプライアンスの確立のために―-
[Title]
Effective Corporate Allegation Programs and Public Interest Speak-up Scheme― For Establishments of Corporate Compliance
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
公益通報者保護制度の導入は、企業コンプライアンス体制確立のインセンティブとなる側面を有している。そこで、本研究では、公益通報制度における社内通報体制の位置づけのあり方に着目して、企業コンプライアンス確立に資する公益通報制度のあり方について考察を加えた。本研究では、先ず、各企業における倫理コンプライアンスの取組みとそこでの社内通報体制の位置づけを、インタビュー調査を通じて分析し、その成功要因を抽出した。そして、この成功要因をもとに、「信頼性・実効性ある社内通報体制」であるための最低要件を示すとともに、その導入のインセンティブとなる、公益通報制度における社内通報体制の位置づけのあり方について考察を加えた。この考察を通じて、本研究は、当面は、外部通報と社内通報との併置を大原則としつつ、米国NRCにおける運用例(内部努力の働きかけ)や英国の立法例(外部通報と社内通報とで保護要件に差を設ける)等の形で、社内通報体制利用への誘導を図り、企業が緊張感を持って「信頼性・実効性ある社内通報体制」の構築に尽力できるような規制環境を整えることが望ましいことを示した。
[Abstract]
Introducing a Whisleblower Protection (Public Interest Speak-up) Scheme in Japanese regulatory system has an incentive effect of corporate compliance program establishment. This paper considers how the Japanese Public Interest Speak-up Scheme should be developed to contribute to establishment of corporate compliance programs. At this consideration, this paper especially pays attention to how corporate allegation (speak-up) program should be given the status in Public Interest Speak-up Scheme.First, this paper abstracts the success factors of corporate allegation (speak-up) programs, by analysis of interview investigation for corporations that make good use of the corporate allegation (speak-up) programs. Based on this success factors, this paper illustrates the minimum requirements for reliable and efficient corporate allegation (speak-up) programs. And this paper proposes some design of regulatory arrangements for Japanese Whitleblower Protection (Public Interest Speak-up) Scheme that make contribution for reliable and efficient corporate allegation (speak-up) program establishment.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2003
発行年月 [Issued Year / Month]
2003/10
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

田邉 朋行

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
企業コンプライアンス Corporate Compliance Program
公益通報制度 Public Interest Speak-up Scheme
社内通報体制 Corporate Allegation Program
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.