財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y03008
タイトル
2003年北米大停電の業務・産業用需要家への影響に関する調査・分析
[Title]
Impact of the 2003 North America Blackout on Commercial/Industrial Customers of Electric Power Companies
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
米国・カナダで大停電のあった業務・産業用需要家604件を対象に、2003年11月〜12月、電話アンケート調査を実施した。この調査結果にもとづく分析により、1)停電復旧時間は、州および業種などの違いで需要家ごとにかなりバラツキがあること、2)多くの需要家がまず何が起きたか、いつ復旧するのか、現在どういう対策をとっているのか、といった疑問に対する正確かつ迅速な情報を欲していたこと、3)今回の大停電により全体で47%の業務・産業用需要家が金銭的損害を受けたこと、4)大停電後、非常用発電機やUPSなどの停電対策を新規導入、更新する業務・産業用需要家は2割近くに上ること、5)業務・産業用需要家の半数以上が、大停電が3年以内に再発する可能性を50%以上と見込んでいるが、送電網整備・増強を目的とする電気料金の上昇を許容できる需要家は2割程度にとどまること、などを明らかにした。
[Abstract]
A massive power outage produced a blackout in parts of the northeastern United States and eastern Canada on August 14, 2003. It was the largest blackout in North American history, affecting an estimated 61,800 MW electricity demand in Ontario, Canada and in eight U.S. states. In this paper, we surveyed the details and various influences of the blackout and power quality/reliability services based on the telephone interview to commercial/industrial customers of electric power companies in November and December 2003. We confirmed that average blackout duration was 18.2 hours and the restoration time differed greatly for every state, industry and company scale, and many customers obtained the information through radio and wanted the exact and latest information such as the cause and restoration time, etc. during the blackout. Nearly half of customers suffered financial damage such as reduction in sales, loss of raw materials or products and additional labors costs. It was recognized that about 20% of commercial/industrial customers considered upgrading or installing emergency generator and uninterruptible power system (UPS) after the blackout. Finally, we estimated the customer average financial damage was US$740,100 and made it clear that this damage depended on the blackout duration, industry classification, company scale and power failure protection like emergency generator.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2003
発行年月 [Issued Year / Month]
2004/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

蟻生 俊夫

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
北米大停電 2003 North America Blackout
停電対策 Power Failure Protection
供給信頼度サービス Power Quality/Reliability Services
停電コスト Economic Cost of Power Failure
顧客満足度 Customer Satisfaction
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.