財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y03012
タイトル
地球温暖化防止の将来枠組みシナリオ
[Title]
Future Framework Scenarios to Prevent Global Warming
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
温暖化防止のための国際的な将来枠組みを検討する材料として、京都議定書の継続・強化から、多数の条約からなる新規の枠組みまで、複数のシナリオを幅広く提示し、分析する。日本・ノルウェー・ドイツ・中国・米国の国際共同研究によって、以下の4つのシナリオを作成した。1.卒業と深化シナリオ。このシナリオでは、気候変動枠組み条約と京都議定書の枠組みがそのまま延長されると想定されている。2.市場の収束シナリオ。このシナリオで描かれている将来枠組みの中心は国際炭素市場である。3.条約のオーケストラシナリオ。このシナリオでは、インセンティブを有する多様な主体が、柔軟な枠組みなもと、様々な分野で協調するプロセスを描いている。4.人間開発シナリオ。このシナリオは、発展途上国の立場から見た将来枠組みのあり方について、焦点を当てている。
[Abstract]
Four Scenarios have been developed with the view of describing how the future of global climate regime may evolve. The scenarios range from a deepening of the Kyoto framework to new regimes with multiple treaties. The studies presented here intend to provide a platform for policy makers to debate how the future climate range may be designed. All the scenarios address three key questions ‐ how the scenario look like, how the scenario may emerge, and how environmentally effective it may be. Graduation and Deepening scenario envisages a straightforward extension of the existing UNFCCC and Kyoto Protocol frameworks. Market Convergence scearnio focuses on the emergence of an effective and liquid international carbon market. Orchestra of Treaties scenario captures the dynamics that emerge when multiple efforts are pursued by flexible coordination of actors that are motivated by diverse incentives. Human Development scnenario focuses on commitments from a developing country perspective. Findings from the comparative analysis revieled that there are many ways forward. None of the scenarios question whether the climate change problem is real and needs to be tackled by an international agreement. However, they do point in very different directions when it comes to arriving at a truly global regime, illustrating that there might be many ways of developing this. This is an important lesson, as our mindsets, as well as the international climate negotiations, tend to be framed by the structure of the Kyoto Protocol. This limits the range of options we normally consider and leaves us with few alternatives if the future UNFCCC negotiations fail.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2003
発行年月 [Issued Year / Month]
2004/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

杉山 大志

経済社会研究所

Kristian Tangen

ナンセン研究所(ノルウェー)

Axel Michaelowa

ハンブルグ国際経済研究所

潘家華

中国社会科学院

Henrick Hasselknippe

ナンセン研究所(ノルウェー)

キーワード [Keywords]
和文 英文
京都議定書 Kyoto Protocol
地球温暖化 Global Warming
CO2 CO2
シナリオ Scenario
将来枠組み Future Framework
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.