財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y03013
タイトル
条約のオーケストラ -複数の条約による温暖化防止将来枠組みシナリオ-
[Title]
Orchestra of TreatiesThe Framework for Preventing Global Warming with Multiple Treaties
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
地球温暖化防止のための国際的な将来の枠組みとして、京都議定書の単純な継続とは異なる、新しい一つのシナリオを提示した。これまでの温暖化防止の国際交渉の最大の問題点は、「各国に対して排出上限を割り当てる」という形で対策の枠組みを設定したことである。この結果、交渉が敵対的になり、国家間に不信が生じ、交渉は行き詰まりの様相を見せている。「条約のオーケストラ」シナリオは、国々がこの問題点を反省し、異なるインセンティブを有する多様なアクターが、柔軟な枠組みのもと、様々な分野で協調する将来枠組みを描いている。これは具体的には、排出権市場群(GEM)、ゼロ排出技術開発条約(ZETT)、気候配慮型開発条約(CDT)、活動を縮小した気候変動枠組み条約(UNFCCC)の4つのブロックからなる。
[Abstract]
A scenario has been developed with the view of describing how the future of the global climate regime may evolve. The Orchestra of Treaties scenario emerges if countries share the following principles for re-building the climate regime: (1) recognize the sovereignty concerns attending energy policies; (2) build around national interests in technology and development; (3) avoid conflicts and enhance cooperation by appropriately framing core issues; and (4) address not only short-term emission cuts but also long-term technological change.The scenario captures the dynamics that emerge when multiple efforts are pursued by flexible coordination of actors that are motivated by diverse incentives. The emerging regime, the Orchestra of Treaties, will consist of four building blocks, of which three grow outside of UNFCCC: 1) Group of Emission Markets (GEM), 2) Zero Emission Technology Treaty (ZETT), 3) Climate-wise Development Treaty (CDT) that addresses. UNFCCC will serve as an information exchange arena, target funding mechanism and political focal point. The study presented here intend to provide a platform for policy makers to debate how the future climate regime may be designed. If the political interests and views remain diverse across countries, the Orchestra of Treaties may be the most environmentally effective regime among the alternatives.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2003
発行年月 [Issued Year / Month]
2004/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

杉山 大志

経済社会研究所

Jonathan Sinton

ローレンスバークレー国立研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
京都議定書 Kyoto Protocol
地球温暖化 Global Warming
第二約束期間 Second Commitment Period
国際交渉 International Negotiation
制度設計 Insititutional Design
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.