財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y03014
タイトル
新エネルギーの普及促進に対する家庭用需要家の意識分析 --新エネルギー種別の選好--
[Title]
Residential Customer’s Attitudes toward New Energy Promotion: A Questionnaire Survey of their Preferences on Energy Sources
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
家庭用需要家を対象としたアンケート調査により、新エネルギー利用に対する意識、特にエネルギー種別まで考慮した意識を分析した。具体的には、家庭用需要家を義務付けの対象と想定したRPS制度を設定し、これに対する回答者の反応を分析することにより、各新エネルギーの特徴、とりわけコスト及び需要家の負担額まで考慮した新エネルギーに対する意識を明らかにした。その結果、高コストを考慮しても需要家の太陽光発電普及に対する支持は根強いことが明らかとなった。また、需要家自身が排出した廃棄物の有効利用となり得る一般廃棄物発電の支持率も高い。一方、太陽光と同じ自然エネルギーである風力発電は、太陽光発電より低コストにもかかわらず、より低い支持率となっている。また、最もコストが低い廃プラスチック発電の支持率は風力を上回るが、除くべきであると考える需要家はそれ以上に多い。
[Abstract]
Since April 2003, in order to increase the amount of electricity generated from new energy sources, the Renewables Portfolio Standard (RPS) system have been implemented in Japan. Under the system, electricity retailers are required to collect a specific proportion of their electricity supplies from new energy sources. Three years after the enforcement of the RPS law, the system is scheduled to be reviewed. Since the additional cost would be passed on to customers, it is important to investigate customer’s attitude toward new energy promotion in order to reflect the customers’ attitudes in the review. Therefore we conducted a questionnaire survey of 835 households. Main findings are as follows:1) In the preference survey of new energy generation, such as solar, wind, municipal solid waste (MSW), and disposed plastics, without a detail explanation of sources and systems (non-explanation case), 52% of respondents selected the solar energy.2) Through a RPS system where electricity customers were assumed to be liable for the obligation, we surveyed respondents’ attitudes toward sources after they considered the characteristics of sources and systems, such as the generation cost, good and bad points, and customers’ expenses according to their electricity use. In the case of a 1% goal, although the share of the solar energy decreased to 28%, it was still the highest percentage in spite of its highest cost among sources. In the case of a 10% goal, the solar accounted for the second highest share next to the MSW whose cost is lower. 3) 53% of respondents who preferred the solar in the non-explanation case changed sources in the case of a 1% goal and only 9% selected the wind energy whose characteristics are similar to the solar and cost is lower than that of the solar. 4) 60 % of respondents thought that above all sources were eligible in the RPS system. 22% of respondents regarded the disposed plastics as ineligible sources.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2003
発行年月 [Issued Year / Month]
2004/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

田頭 直人

経済社会研究所

馬場 健司

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
新エネルギー New Energy
再生可能エネルギー Renewable Energy
RPS制度 Renewables Portfolio Standard
家庭用需要家 Residential Customer
アンケート調査 Questionnaire Survey
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.