財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y03018
タイトル
少子高齢化の進展による地域経済・電力需要への影響 -―2050年までの長期シミュレーション分析―-
[Title]
The Effects of Aging Population on Regional Economy and Electricity Demand: Long-term Simulation Analysis to 2050
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
今後の人口構造の変化が、全国各地域の経済GDPや電灯・電力需要に及ぼす影響について新たに構築した地域経済成長力モデルを用いてシミュレーション分析を行う。また、生産性(TFP)の上昇や、出生率および女性・高齢者の就業率の変化が経済成長や電灯・電力需要に及ぼす影響について感度分析を行う。年齢別就業率が現状水準のまま維持されると仮定してシミュレーションすると、就業人口の減少と民間投資の減退から各地域のGDPは2011〜2031年にかけて順次ピークを迎え減少に転じるとみられる。地域別GDPのピークアウトに比べ若干遅れるものの、電灯・電力需要も順次ピークアウトを迎え(電灯で2020〜2042年、電力で2013〜2033年頃)、電力各社の設備計画にも大きな影響を及ぼすとみられる。
[Abstract]
This paper examines the economic impacts of aging population on regional economy and electricity demand. Since the large regional discrepancies are observed in population growth and aging structure, we have constructed a regional demographic model by age group, and a supply-side economic growth model for the Japanese 11 regions. In the latter model, we take into account trends of labor supply and private and public capital formation for each region.. Main results of the long-term simulations using these two models are as follows.The aging population and decreasing labor force is likely to decrease the potential growth of the Japanese economy, because the growing number of elderly population has a negative effect on regional GDP growth due to a decrease in growth in both labor force and capital accumulation. Although there exist large regional differences, our results exhibit that the GDP and residential and industrial electricity demands gradually reach at their peaks after population and the number of households reaches their peak years. If the higher fertility rates and the employment rates for woman and elderly people are assumed, the peak years for regional GDP and electricity demand are delayed.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2003
発行年月 [Issued Year / Month]
2004/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

山野 紀彦

経済社会研究所

桜井 紀久

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
少子高齢化 Aging Population
年齢階層別有業率 Labor Force Rates by Age Group
電灯・電力需要 Residential and Industrial Electricity Demand
長期展望 Long-Term Forecasts
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.