財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y03021
タイトル
エネルギー・環境問題に対する人々の考え方 -2003年度全国意識調査の分析結果-
[Title]
Public Opinions for Energy Issues and Environmental Problems in Japan
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本研究は,97年に実施した意識調査から約5年を経て,エネルギー・環境問題に対する人々の意識がどのように変化したかを明らかにすることを目的としている。また,環境問題への取り組み動機の観点から,人々の関わり方のタイプを分類するとともに,環境問題解決のためのコスト負担や停電の回避などに対する人々の態度についての分析を行った。97年調査と比較すると,エネルギー問題では6割以上が「電気やガスなどの料金」に関心があると答え,経済面への関心が高まった。環境問題への取り組み動機による分類では8割以上の人が「利益重視層」に分類された。今後さらなる協力を得ていくためには,自己利益につながることを明確に伝えること,料金引き下げや利便性向上など協力しやすいしくみをつくることが必要である。昨年夏に懸念されていた電力不足による停電の可能性は77%が知っており,うち48%が不安を感じていた。
[Abstract]
This paper compares surveys of respondents’attitudes toward environmental damage and energy issues conducted in 1997 and 2003. The survey in 2003 also explored motivations for environmental behavior, willingness to pay for mitigation of environmental harm, awareness of risk of electricity cut-offs, and willingness to pay for electricity from renewable sources. Compared to 1997, respondents in 2003 were less concerned about environmental and energy problems, and people who undertook actions to protect the environment or to conserve energy declined slightly, and more were concerned about the cost of energy due to Japan’s long-term recession. The survey almost confirmed our assumption of motivation for environmental behavior, which categorizes respondents into four types according to combined motivations. Of those classified as "altruistic egoistical" (81%) and "more cooperative" (3%), were concerned about environmental and energy issues, more than any other type. For this category, informational and incentive policies were very effective. Half of the respondents do not want to pay any more cost even if it will be effective for environment protection measures. In summer 2003, 77% of respondents were aware of potential electricity cut-offs in Tokyo. Although 48% felt anxious about cut-offs, anxiety was less important than previous experience in motivating preparation for cut-offs.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2003
発行年月 [Issued Year / Month]
2004/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

土屋 智子

経済社会研究所

三田村 朋子

経済社会研究所

大島 直子

狛江研究所大気科学部

小杉 素子

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
アンケート調査 Questionnaire survey
環境意識 Awareness of environment problems
環境保全行動 Behavior to save better environment
省エネ行動 Behavior of energy saving
コスト負担意識 Willingness to pay for better environment
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.