財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y03027
タイトル
2050年までの世界エネルギー需給の長期展望
[Title]
World energy Supply and Demand Projections to 2050
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
世界の一次エネルギー需要の伸びは、2000-2050年間では年率1.0%となる。地域別では、アジア地域の伸びが高く年率2.4%となる。世界のエネルギー起源CO2排出量は、2050年には2000年の1.7倍に増大し384億トン(CO2換算)となる。この増分の約7割がアジアによる。国際石油価格(2002年実質ドルベース)は、2025年頃までは安定傾向で推移するが、それ以降は在来型石油資源の需給逼迫化やOPECシェアの拡大に伴い上昇傾向となり(年率1.8%の上昇)、2050年には36.8ドル(同)となる。石油、石炭といった一次エネルギー資源需要量の予測結果を展望期間中について累積し、IIASA(国際応用システム分析研究所)等が公表している資源量データと比較した結果、在来型の未確認資源量も含めれば、2050年までには化石燃料資源の枯渇は起こらないことが確認された。
[Abstract]
This report presents the comprehensive projection of world energy supply and demand, as well as trends of world primary energy prices until 2050 by using WEPM (World Energy Prices Model). The main forecast results are as follows.The baseline annual growth rate of world GDP(Gross Domestic Product) during 2000-2050 is estimated to be 1.7 percent, and world primary energy demand will increase by 1.0 percent annually. In the period of 2000-2050, the energy demand in Asia will increase by 2.4 percent annually while the growth rate of energy demand in G7 will be 0.5 percent in the same period. CO2 emissions emanated from energy use will also increase in Asia due to the massive expansion of energy demand and high dependency on coal consumption so that Asia’s share of the world CO2 emissions will rise to 41.8 percent in 2050 from 23.8 percent in 2000.The possibility of the exhaustion of oil will be avoided for the projection period until 2050. The proved reserves of the conventional oil will be depleted until 2030. After that, undiscovered conventional type oil reserves which is estimated as one trillion barrels and non-conventional type oil reserves which is estimated to amount to 3.8 trillion barrels) will be readily for consumption. Because the depletion of some oil fields like in North Sea will be realized and the share of Middle-East OPEC(Organization of Oil Exporting Countries) countries which have overwhelming reserves will rise, the real prices of crude oil will start to rise nearly after 2025 with by 1.8% annually.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2003
発行年月 [Issued Year / Month]
2004/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

星野 優子

経済社会研究所

桜井 紀久

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
世界エネルギー需給 World Energy Supply and Demand
エネルギー資源の確認埋蔵量 Proved Reserves of Energy Resources
石油価格 Oil Prices
長期展望 Long-Term Projection
世界エネルギーモデル World Energy Prices Model(WEPM)
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.