財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y03028
タイトル
自家用発電設備データベースの開発と原動機別・業種別自家用発電設備の設置動向
[Title]
Development of Self-Generating Facility Data Base and Current Status of Installed Capacity by Prime Mover and Business Sector
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
火力原子力発電、新築ビルディング電気設備調査データファイルなど公開資料をもとに増設や廃棄など個別設備の沿革も調査し、2002年度までに設置された発電設備の設置容量をデータベース化し、以下の結果を得た。1)100kW未満ではガスエンジンが54%、0.1〜1MWではディーゼルエンジンが59%を占める。2)1996年以降の原動機種別設置量推移をみると、蒸気タービンの比率が急速に小さくなっている一方,1999年頃までディーゼル機の割合が急速に大きくなた。ガスタービンは1999年以降割合が高まってきている 。ガスエンジンについては全体に占める割合は小さいもが1996年以降比率が高まりつつある。2)ガスエンジン機、ガスタービン機の利用年数は10年以下が最も多く、頻繁にリプレースする可能性がある。ディーゼル機はやや長く10年前後での廃止が多い。3)近年の導入の動向として、1MW以下の事業所では医療福祉部門で大幅な伸びを見せている。宿泊遊興部門での導入量は増えているもののシェアは減少傾向にある。小売部門では徐シェアが増えてきており、今後一段と導入が加速していくことが予想される。
[Abstract]
This report presents the updated database of self-generating facilities currently installed in Japan. This database includes 29.8 GW of self-generating facilities, and accounts for approximately 91% of total installed capacity in Japan as of March 2003. There are large self-generating facilities that are registered as self-generators, but sell power to retail suppliers. We define these facilities as wholesale suppliers. This explains some part of disparity of our database and other existing statistics. Of the total capacity, 87% is used for industrial and transportation sectors including petrochemical and paper industry, 13% is used for commercial sector including retail (410 MW) and government (365MW). Gas engine units accounted for 54% of installed capacity of small ‐sized site (under 100kW). Diesel cycle units accounted for 61 % of installed capacity of medium ‐sized site (100kW to 1MW). A share of total capacity of self-generating facilities in regional maximum power demand ranges from 3% to 34%; around 34% in Chugoku and 25 % in Hokkaido and Shikoku where a share of industrial demand in total power demand is large. Life time of prime movers for self generating facility is less than 10 years for gas engine and gas turbine. Actual life time of diesel engine is approximately 10 years. Steam turbine which usually used for large scale self generating facility operate over 25 years. Existing prime mover for small scale facility (less than 1MW) have been operated decade. Timing of replacement of facilities could be estimated on these vintage distribution of the existing facilities.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2003
発行年月 [Issued Year / Month]
2004/03
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

今村 栄一

経済社会研究所

浅野 浩志

経済社会研究所

キーワード [Keywords]
和文 英文
自家用発電設備 Self Power Generation Plant
コージェネレーション Co-generation
原動機 Prime Mover
データベース DataBase
需要部門 Business Sector
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.