財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y04007
タイトル
米国における電力の自由化と発電設備への投資 -州別設備容量のパネルデータ分析-
[Title]
Electric Restructuring and Capacity Investment in Power Generation in the U.S. -A Panel Data Analysis of Generating Capacity-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本報告では、1990年から2002年までの米国の州別パネルデータを用いて、電力の自由化が発電分野の設備投資にもたらした影響について実証分析を行い、自由化と設備投資のインセンティブの関係について考察した。連邦レベルのオープンアクセス政策や、独立系統運用組織の設立およびスポット市場の運用など、卸電力市場における競争環境の整備は、設備投資を減少させる効果がある。卸電力取引の機会が増えることで、設備投資を急ぐ必要がなくなったためと推測される。小売自由化に関しては、全面自由化後に設備投資を増加させる効果があるが、それまでの移行期間中には有意な効果は認められない。非電気事業者の設備の割合の増加は、設備投資を増加させる効果があり、規制下における規制リスクが、電気事業者の設備投資を抑制してきた可能性がある。以上より、電力自由化が設備投資に及ぼす影響を考える際には、自由化の様々な側面を考慮する必要がある。
[Abstract]
There has been a concern about capacity investment in power generation in liberalized environment. This paper empirically examines the impact of electric restructuring on the capacity investment in power generation in the U.S. using state-level panel data for 1990 through 2002. There are several aspects of liberalization in U.S. electricity industry. First, it involves creating competitive wholesale market. Second, it allows retail access by which customers can choose their supplier. Lastly, it facilitates (or mandates) transfer of ownership of generation assets from regulated utilities to unregulated (non-utility) generators. We investigate the impact of each of these aspects on capacity investment. Our findings indicate that creating independent system operator and operation of spot market have not necessarily encouraged investment by itself. Rather, they increased capacity utilization, indicating that short-term efficiency became more important as compared to the long-term capacity needs. Allowing retail access has a positive impact on investment, though it appeared to be insignificant during the transition to full liberalization (full retail access for all customers). Unregulated non-utilities generators are more active in investment, implying that regulatory risks have mitigated regulated investment.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2004
発行年月 [Issued Year / Month]
2005/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

服部 徹

社会経済研究所電力・エネルギー経営領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
設備投資 Capital Investment
自由化 Liberalization
発電容量 Generating Capacity
パネルデータ Panel Data
規制リスク Regulatory Risk
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.