財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y04008
タイトル
米国電力会社のブランド戦略と顧客価値にもとづく評価
[Title]
Brand Strategy and Customer Equity of Electric Power Suppliers in the US
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
1.米国では、約2割の電力会社がブランドを専門に取り組む担当部署を設置し、満足度にもとづく定量的な評価を行っている。また、「電気料金算出根拠のわかりやすさ」、「担当者の対応のよさ」などのサービス、活動が有効に影響した結果、供給信頼度やサービス、イメージに対して7割以上の家庭用需要家が満足と回答し、価格に対しても半数が満足している。2.米国の自由化を導入した州において、イメージやサービス面で劣ったとしても、月額5ドル(5.3%)の値下げで9.3%、10ドル(10.7%)値下げで24.0%の割合で購入先を変更するとの結果が得られた。3.需要家が電力購入先を変更するまでの価格差とその継続期間に着目し、調査対象とした電力会社の顧客価値を計測した。その結果、総顧客価値の平均は11.7億ドル、総資産顧客価値率は11.2%と推計された。
[Abstract]
Over the past decade, US electric utilities have faced significant changes to their competitive and regulatory environments. Customer equity is critical to a long-term success of not only private firms but also public utility like electric power suppliers. In this paper, we surveyed brand/marketing strategy of 74 major electric power suppliers and various customer needs and satisfaction of 2,028 residential customers by telephone interview in the US. We confirmed that "high reliability of power supply," "high reputation" and "strong corporate image," etc. were important for brand value of electric power suppliers. More than 70% US residential customers were satisfied with their overall electric power supplier and had no interest in the electricity issues like the liberalization. This paper pointed out that residential customers attached great importance to "information of stable electricity supply," "accuracy of the electricity bill," "friendliness of representative," and so on. Using contingent valuation method (CVM) we estimated that 9.3% of US customers would change power suppliers if they were given a $5 (5.3%) price reduction per month. We could calculate customer equity of 10 electric power suppliers based on 1) electricity monthly payment, 2) management factors for customer switching, 3) price reduction rate for switching, and 4) duration of price difference for switching.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2004
発行年月 [Issued Year / Month]
2005/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

蟻生 俊夫

社会経済研究所電力・エネルギー経営領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
電力自由化 Electricity Liberalization
顧客満足度 Customer Satisfaction
ブランド価値 Corporate Brand Value
顧客価値 Customer Equity
顧客サービス Customer Service
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.