財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y04009
タイトル
ユーティリティー産業を中心とする産業別の生産効率性と要因分解 -1980年代から90年代における国際比較と国内分析-
[Title]
An Analysis of Industry-level Productive Efficiency and its Decomposition with a Focus on Utility Industries: An International Comparison and a Domestic Analysis by HMB Index
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本稿では、1980年代から1990年代における電力を含む産業ごとの生産性成長率を分析しその要因分解を行うために、技術非効率を含むTFP(Total Factor Productivity: 総要素生産性)の計測を行う。具体的には、TFPを生産技術の進歩による影響(技術進歩要因)、生産に内在する技術非効率の影響(効率性要因)、規模の経済性の影響(規模要因)、資本投資などによる投入要素の組合せの変化が生産性に及ぼす影響(要素投入比要因(混合要因))の4要因に分解し、それぞれがどの程度TFPに貢献したかを分析する。分析の結果、わが国電気業では、発電部門・流通部門における設備の効率化や信頼度の向上、運転・保守の省力化、無人化などの促進により、技術進歩を達成し、また一方で設備の大規模・大容量化による規模の経済性を享受することで、投資負担による負の影響を克服しつつ生産性を上昇させてきたことを示した。
[Abstract]
This paper aims to examine and compare the productivity change of industries in Japan, US, and UK from 1982 to 1998. We employ a Hicks-Moorsteen-Bjurek index approach to decomposing the productivity change to efficiency change, technical advance, effects of the returns to scale, and input and output mix effects. The Hicks-Moorsteen index can be seen as a natural extension of Tornqvist index, and is easily interpretable. To measure the Hicks-Moorsteen index and conduct the decomposition analysis, DEA is applied under an assumption that industries produce one output, value added, using two inputs, labor and capital for the international comparison, while for the Japanese domestic analysis, we assume industries produce one output, total gross output, using three inputs, intermediate input, labor, and capital. Empirical results show that the productivity growth in the utility industry is comparatively high in Japan than that in the US, though not to the extent of that observed in the UK. The productivity in the electric power industry had increased over the measurement period in a manner that the contribution of technical progress overcomes the negative effects that are caused by changes of the input mix. The same interpretation for productivity growth and its sources can be applied to the macro economy in Japan.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2004
発行年月 [Issued Year / Month]
2005/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

後藤 美香

社会経済研究所電力・エネルギー経営領域

門多 治

社会経済研究所エネルギー・環境政策領域

根本 二郎

名古屋大学 大学院経済学研究科

キーワード [Keywords]
和文 英文
電気事業 Electric Power Utilities
ユーティリティー産業 Utility Industry
生産性 Productivity
効率性 Efficiency
Hicks-Moorsteen-Bjurek指数 Hicks-Moorsteen-Bjurek Index
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.