財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y04015
タイトル
2030年までの経済・エネルギー展望 -財政再建時代の成長シナリオ-
[Title]
Outlook for the Japanese Economy and Energy Up To the Year 2030 ―Growth Scenario in the Age of Financial Reconstruction―
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
人口減少、財政危機など時代の変化を織り込み、当所の経済予測システムを活用して、2030年までの長期経済・エネルギー展望を行った。今回は、内需拡大と財政再建のテンポに応じて、低成長、中成長、高成長の3ケースを想定し展望した。成長率など、ケース間でかなりの幅が出る。ー村GDP成長率は年率0.3〜1.3%となる(2000〜2030年間、以下同じ)。中成長、高成長ケースでは、将来の国家財政破たんは回避できる。いずれのケースでも、リーディング産業は、電子機器、通信・放送、対事業所サービス、医療・保健衛生の4業種である。ぐ貅.┘優襯ー国内供給は年率-0.1〜0.4%と低い伸びにとどまる。シ賄電力需要は、電力シフトなどを反映して、年率0.3〜0.9%の伸びとなる。CO2排出量については、政府目標の達成には、中成長、高成長ケースでは、2010年で1,650〜2,150万トンの削減が必要である。
[Abstract]
Two years ago, we carried out the long-term outlook for the Japanese economy and energy up to the year 2025 by using the CRIEPI long-term forecasting system. In order to perform analysis of a global warming issue and an aged society and so forth, we have extended the prediction target year to five-year after, and carried out the outlook based on three scenarios (low/medium/high economic growth cases). The major results are as follows: The average annual growth rate of real GDP will remain in 0.3〜1.3% (low growth case〜high growth case) of low level during 2000〜2030 due to the consumption tax increase and the population decrease and so forth. The rate of an outstanding government bond to nominal GDP will reach 129〜74% in the year 2030. In which case, the growth of an electric device, communication and broadcast, business services (software development etc.), and medical care services is the highest. In medium and high growth cases, these 4 type of industry will serve as an average of 3〜4% of growth, and play a role of a leading industry. With continuing globalization, the foreign production ratio of manufacturing sector will reach 25% in 2030. The share of electric machinery in the total exports will go up even to 44〜46% in 2030. The supply of domestic primary energy will remain in an annual rate of -0.1%〜0.4% during 2000〜2030. However, the demand for grid electricity will grow constantly annually by 0.3〜0.9%. The share of electricity in primary energy demand will increase and reach 49〜50% in 2030. CO2 emissions in 2010 increase by 1.3〜7.5% compared with the 1990 fiscal year. Reduction of CO2 emissions of 16.5〜21.5 million tons of carbon is required in medium and high growth cases.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2004
発行年月 [Issued Year / Month]
2005/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

服部 恒明

社会経済研究所エネルギー・環境政策領域

永田 豊

社会経済研究所電力・エネルギー経営領域

星野 優子

社会経済研究所エネルギー・環境政策領域

若林 雅代

社会経済研究所エネルギー・環境政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
2030年の経済展望 Economic Outlook for the Year 2030
高齢化社会 Aging Society
財政破たん Financial Failure
電力需要 Electricity Demand
CO2排出量 CO2 Emissions
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.