財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y04019
タイトル
エンドユースモデルを用いた関東圏の業務用空調・給湯分野の需要構造分析
[Title]
An energy demand analysis of commercial HVAC and hot water supply systems in Greater Tokyo Metropolitan area by a bottom-up end-use energy model
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
今後とも業務用エネルギー需要の伸びは大きいものの、産業分野に比べて、省エネルギー対策が進んでいない。一方、ヒートポンプ給湯機や小型コージェネレーションなど新しいエネルギー利用機器が商品化されるなど、省エネルギー技術の進展は著しい。本研究では、需要家毎あるいは機器毎にエネルギー需要を積み上げる需要想定手法であるエンドユースモデルを開発した。このモデルは業種や用途毎にエネルギー選択の構造が異なることを反映でき、新築時や既設建物の大規模改修時に高効率機器の導入を促進したときの省エネルギー効果や料金設定を変えたときの地域のエネルギー消費構造に与える影響を定量的に評価でき、エネルギー高効率機器開発の目標設定や燃料転換を伴うエネルギー営業計画立案に活用できる。東電管内の業務用分野を、建物規模とエネルギー負荷特性、機器選択傾向に基づいて16セグメントに分類し 、各セグメントについて、空調・給湯熱源機器の機器効率と電力価格の条件を変えた場合、2000〜2020年度までの空調・給湯機器の導入量、およびそれが販売電力量へ与える影響を推定した。選択される空調・給湯機器の種類やその導入量、販売電力量の伸びは、需要家の負荷特性や建物規模、エネルギー価格、市場の成長率を反映して、セグメント毎に異なる。そのため、需要家セグメント毎に競争力のあるエンドユース技術(製品)の開発目標を設定して、優先的に開発、普及していくことが経営上も業務用分野のエネルギー効率を向上させる上でも有効である。
[Abstract]
The commercial sector uses about 13% of total final energy consumption in Japan and it is expected to grow at a higher rate than the other sector. Japanese government’s actions take several forms to conserve the commercial energy. The government encourages R&D programs and subsidy programs for innovative end-use energy technologies including gas cogeneration, CO2 heat pump water heater and high-efficient electric air-conditioner. This report focuses on HVAC (Heating, Ventilation and Air-Conditioning) and water heating demand in the commercial sector of the Greater Tokyo Metropolitan area. We analyze the impacts of equipment efficiency improvements and reduction of retail electricity prices on the regional and sectoral final energy demand toward 2020, by use of a bottom-up end-use energy model that we developed. In the model, the commercial sector is divided into sixteen customer segments such as large office buildings, small hotels, restaurants and elder care facilities. The final energy demand is projected, considering various demand characteristics and preferences for investment in energy efficiency that hence might result in different technological choices among them. The result indicates the importance of high-efficient electric heat pump technologies in the role of a long-term energy efficiency improvement, which induce a shift in final energy use from fossil fuel to grid electricity and reduce the primary energy as a result.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2004
発行年月 [Issued Year / Month]
2005/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

高橋 雅仁

社会経済研究所電力・エネルギー経営領域

浅野 浩志

社会経済研究所電力・エネルギー経営領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
エンドユースモデル end-use model
業務部門 commercial sector
関東圏 Kanto(Greater Tokyo Metropolitan) area
空調給湯用途 HVAC and water heating
CO2ヒートポンプ給湯機 CO2 heat pump water heater
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.