財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y04020
タイトル
米国反トラスト法における不可欠施設の法理の論点整理 -トリンコ事件判決を中心にして-
[Title]
Issues of Essential Facilities Doctrine in the U.S. Antitrust Law - Case Study of Trinko Case -
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
公益事業分野への競争導入の過程で、公正競争確保のため、独占禁止法と事業規制法の果たすべき役割とその分担が問題となっている。本報告では、米国反トラスト法における不可欠施設の法理の位置づけや、公益事業分野への適用にあたっての問題点について、連邦最高裁の直近の裁判例であるトリンコ判決を中心に検討することを通じ、連邦最高裁の現時点の考え方を整理した。検討の結果、以下の点が明らかとなった。(1)米国反トラスト法は、市場で独占的な地位を有する事業者であっても、取引相手を選択する自由を認めている。(2)トリンコ判決の意義は、(a)競争にとって不可欠な施設を保有する者でも、競争者に対する当該施設へのアクセスを一般的に義務づけられるものではなく、事業法上反競争的な行為を是正するための仕組みが整備されている場合には、反トラスト法による是正を適用することは差し控えるべきであることを確認した点にある。
[Abstract]
In December 2003, the Japan Fair Trade Commission (JFTC) released the outlines of the amendment of the Antimonopoly Act. In the outline, JFTC planed to revise the regulations concerning measures against a monopolistic situation and denial of access to ``Essential Facilities'' and discrimination against competitors by the dominants shall be prohibited where they are without proper justification. This plan has provoked a great deal of controversy. Hence, the concern with the doctrine what is called the ``Essential Facilities Doctrine (FED)'' has been growing. In this paper, we study the issues of the EFD in the U.S. Antitrust Law, through the survey of the U.S. federal courts cases, especially Verizon Communications Inc. v. Law Offices of Curtis V. Trinko, the latest EFD case of the U.S. Supreme Court. The Results are as follows:*The concept of the EFD was crafted by the U.S. lower courts in 1970's. However, the Supreme Court have never recognized the EFD expressly.*In Trinko Case, the Court concluded that (1) antitrust law does not compel the owner of essential facilities to cooperate with its competitors and (2) the EFD is plainly inapplicable where access to the relevant facilities exits through statutory mandate.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2004
発行年月 [Issued Year / Month]
2005/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

丸山 真弘

社会経済研究所電力・エネルギー経営領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
独占禁止法 The Antimonopoly Act
反トラスト法 Antitrust Law
不可欠施設の法理 Essential Facilities Doctrine
市場支配的地位の濫用 Abuse of Dominant Position
トリンコ判決 Trinko Case
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.