財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y04021
タイトル
電源ポートフォリオの価値に基づく先渡電力の価値評価手法
[Title]
Valuation of Electricity Forward Contracts Based on Value of Generation Portforio
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
平成17年4月より、日本卸電力取引所(JEPX)が運営を開始する。JEPXでは、翌日受け渡しの電力を取引するスポット市場や一定期間後に受け渡しを行なう先渡定型市場などが用意される予定である。先渡市場では、先渡電力価格と自社の立場からみた先渡電力の価値を比較し、経済合理性に則した取引を行なうことが望ましい。そこで、自社電源を有する電力会社の立場を想定した、先渡電力の価値評価手法を提案した。提案手法は、複数の電源とスポット取引を組み合わせた供給力である「電源ポートフォリオ」の価値を、運用の柔軟性を考慮することのできる「リアルオプション分析」の枠組みで算出し、先渡電力の価値評価に適用するものである。先渡市場では、市場で提示される価格での電力取引が、自社の経済合理性に見合うかどうかを判断する必要がある。この際、提案手法により先渡電力が自社にとってどれだけの価値を持つか予め把握することができる。
[Abstract]
Japan Electric Power Exchange (JEPX) will start operation from April 2005. JEPX will accommodate a spot market and a forward market to market participants. An electric power company would trade in JEPX so as to make a profit in addition to operating its own generators. Before making a forward contract, an electric power company should evaluate the forward contract by taking its real demand and its generators’ operation into account.We suppose that forward contract is equal to trade generator capacity temporarily for a delivery period because the period in general is longer than the spot delivery’s one. From that viewpoint, a method of valuation of generation capacity could be available to evaluate forward contract. For valuation of generation capacity real option analysis is an useful concept because it deals with a flexibility against risk and uncertainty. Few studies, however, focus on both plural power plants and physical constraints.In this paper, we propose a method of valuation of electricity forward which is an extended real option analysis of generation portfolio. To consider some physical constraints of plant operation (generation portfolio) , the proposed method are formulated as profit maximization of unit commitment problem. Uncertainty of risk factors which are variation of fuel prices and electricity spot price are considered by Monte-Carlo simulation. The proposed method is experimented on eight electric-power-company generation portfolios in numerical examples.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2004
発行年月 [Issued Year / Month]
2005/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

山口 順之

社会経済研究所電力・エネルギー経営領域

岡田 健司

社会経済研究所電力・エネルギー経営領域

浅野 浩志

社会経済研究所電力・エネルギー経営領域

渡邊 勇

システム技術研究所情報システム領域

服部 徹

社会経済研究所電力・エネルギー経営領域

後藤 美香

社会経済研究所電力・エネルギー経営領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
卸電力取引所 Electric Power Exchange
先渡契約 Forward Contract
リアルオプション Real Option
電源ポートフォリオ Generation Portforio
発電機運用 Operation of Generating Units
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.