財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y04024
タイトル
四半期国際石油需給モデルの開発
[Title]
Development of Quarterly World Oil Supply and Demand Model
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
IEAのMonthly Oil Market Reportの四半期世界石油需給データと整合的な四半期国際石油需給モデルを開発した。各地域の需給量だけでなく、OPECの生産量上限制約のもとで世界の需給均衡を達成する国際石油価格(WTIスポット価格)、およびそれとリンクした北海ブレント、ドバイの各スポット価格を求めることが可能となった。モデルを用いて推計した、国際石油価格(WTIスポット価格)の需給均衡価格は、中国の需要の急増を織り込んだ場合、モデルの最終実績期間である2004年第3四半期時点でバレルあたり約34ドルと、既にOPECバスケット価格帯(7油種平均でバレル22〜28ドル)相当のWTI価格を大幅に上回っていた。さらに、堅調な需要やイラクの生産量の低下といった最近の動向を織り込むと、この需給均衡価格は2005年第1四半期時点で、バレルあたり約38ドルと上昇傾向にある。OPECの生産余力の低下が原油価格に与える影響をシミュレーションし、OPECの生産余力の低下は、リスクプレミアムの上昇とそれにともなう価格の高騰(均衡価格からの乖離)を招く潜在的な要因であることが明らかとなった。
[Abstract]
In this paper, we present an oil price model which we have developed for forecasting the fundamental price trend in the future based on quarterly world oil demand and supply data. The model is a partial equilibrium model focusing on the world oil market. This econometric model consists of three blocks: the demand block, the supply block and the price block. The international crude oil prices are endogenously determined from the demand and supply balance in the world market in the same way as Edmonds and Reilly modeled for the primary energy market( Edmond and Reilly(1983) ). We performed a sensitivity analysis to evaluate the dynamics of the model. From the viewpoint of a demand shock effect, if the world demand increases by one million barrels a day, the crude oil price increases by about 4.0 US dollars. From the viewpoint of a supply shock effect, the crude oil price rises 6.3 dollars per barrel if OPEC core such as Saudi Arabia reduces supply by one million barrels a day. The impacts of OPEC core’s supply shock are bigger than those of demand shock by around 2 US dollars per barrel. This means that in case of a supply shock of OPEC core, the more price rise is necessary than a demand shock because the price elasticity of the supplier except OPEC core is more inelastic than the OPEC core.Using this model we can calculate the fundamental price of the WTI (West Texas Intermediate) spot price. The calculated fundamental price was around 34 US dollars in the third quarter of 2004. The actual oil price overshot about 10 US dollars per barrel during that quarter.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2004
発行年月 [Issued Year / Month]
2005/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

星野 優子

社会経済研究所エネルギー・環境政策領域

林田 元就

社会経済研究所エネルギー・環境政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
石油モデル Oil Model
石油価格 Oil Price
OPEC OPEC
石油需給 Oil Demand and Supply
ファンダメンタル価格 Fundamental Price
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.