財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y05008
タイトル
世帯の多様性を考慮した家庭部門エネルギー需要生成ツールの開発
[Title]
Development of the residential energy demand generator reflecting the household diversity
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
多数の世帯について、世帯構成や住宅構造などの各種属性、各月の用途別負荷、用途別・エネルギー源別消費量のデータを得るため、モンテカルロ・シミュレーションを適用した、地域性を考慮可能な家庭部門エネルギー需要生成ツールを開発した。続いて、得られた需要データについて、基本的な構成と分布、月別変動、属性別の傾向を分析した。世帯間の消費量分布からは、エネルギー多消費型世帯では、暖房消費が多く、その場合のエネルギー源としては、灯油利用が多い傾向などが明らかとなった。また、属性別の比較からは、単身世帯とそれ以外では需要が大きく異なる傾向や、、戸建住宅の需要は暖房需要の増大などにより集合住宅より大きいことや、寒冷地では暖房需要が大きいことなどが、定量的に示された。さらに、これら消費量分布や属性ごとの特徴について、既往調査との比較により、開発ツールは一定の再現性を有することを確認した。
[Abstract]
This study developed a simulation tool that generates the residential end-use energy demand data reflecting the diversity in individual households. In recent years, new household energy appliances have been successively introduced into the Japanese residential sector, where energy consumption is continuously increasing. Representative examples of the noteworthy technologies are as follows: the electric CO2 heat pump water heater that supplies hot water with a high coefficient of performance of more than 4, and the fuel cell combined heat and power systems. Although the detailed analysis of these technologies is becoming increasingly important, previous studies have been unable to consider the household diversity of energy demand such as heat to electricity ratio that affects the possible application of these technologies. This is partly because the available measured data is generally confined to a small number of households. In order to overcome this problem, we developed a Monte Carlo simulation-based tool that generates an arbitrary number of household data. The obtained data of each household comprises (a) household attributes data, e.g., family composition, building structures, regional characteristics, and lifestyles and (b) monthly energy demand data, i.e., energy load by end-use, and energy consumption both by end-use and by fuel. The analysis of the obtained data indicated that the tool is capable of demonstrating the household diversity of energy demand against the household attributes such as the number of family members and the climatic conditions. Moreover, the comparison with previous studies showed that the tool has a certain level of validity with regard to the distribution of household energy demand.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2005
発行年月 [Issued Year / Month]
2006/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

西尾 健一郎

社会経済研究所地域経済・エネルギー技術政策領域

浅野 浩志

社会経済研究所事業経営・電力政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
家庭部門エネルギー消費 Residential energy consumption
エンドユース需要分析 End-use demand analysis
モンテカルロ・シミュレーション Monte Carlo simulation
世帯の多様性 Household diversity
省エネルギー Energy conservation
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.