財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y05015
タイトル
原子力安全規制と組織コンプライアンス活動との協働 -―内部告発者保護制度導入の意義及びその改善提案―-
[Title]
Coordination of Nuclear Safety Regulations and Corporate Compliance Activities―Desirable Implementation of the Whistle-blower Protection Scheme in Japan―
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
米国における制度導入先行事案の分析を踏まえた上で、原子力安全規制と組織コンプライアンス活動との協働関係構築の推進力となり得る法制度として、原子炉等規制法における申告制度の詳細設計及び運用のあり方について、以下の制度改善提案を行った。(1)制度信頼性の確保(i)申告により不利益な取扱いを受けた申告者に対する具体的救済手続を整備することによって、申告が容易な制度環境づくりをすること。(ii)制度濫用は一定の行政資源を独占することにより正当な理由に基づく告発に関する調査を阻害することから、制度濫用に対する注意・罰則などの措置を制度運用要領に明記すること。(iii)申告によって有益な現場情報の伝達や規制改善提案がなされている現状に鑑み、それらを規制内容や運用に反映させるための手続を整備し、規制内容や運用の適正化に繋げること。(2)社内通報制度への役割付与社内通報制度利用の働きかけを制度運用要領の中に明記し、米国の制度運用と同様に、申告制度においても社内通報制度に一定の役割を与えること。
[Abstract]
Recently, scandals and incidents associated with development and utilization of nuclear energy have attracted social concerns widely. However, there are limitations in preventing nuclear operators from illegal or unethical conduct only through reinforcement and expanding the nuclear safety regulations. From this viewpoint, it becomes a real issue to develop a desirable coordination between the regulatory system and corporate compliance activities to maintain and further improve nuclear safety.Whistle-blower protection scheme (as depicted "Declaration to the Competent Minister" in "The Law for the Regulation of Nuclear Source Material, Nuclear Fuel Material and Reactors") reveals itself as a promising scheme to promote such coordination of nuclear safety regulations and corporate compliance activities. This study demonstrated that introduction of whistle-blower protection system in the U.S. federal nuclear safety regulations had encouraged developments of Employee Concerns Programs as corporate allegation programs at the U.S. based utility companies, and thereby indeicated concretee improvement proposals of whistle-blower protection system enforcement in nuclear safety regulation in Japan that encourages corporate compliance activities. The principal aspacts are as follows; (1) Development of compensatory scheme for employees who were descriminated on ground of the declaration, and (2) Clear rulemaking for existing private corporate allegation programs to be compatible with the official whistle-blowing procedure by Nuclear and Industrial Safety Agency, the Japanese safety regulatory authority.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2005
発行年月 [Issued Year / Month]
2006/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

田邉 朋行

社会経済研究所地域経済・エネルギー技術政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
原子力安全規制 Nuclear Safety Regulation
コンプライアンス Compliance
内部告発者保護制度 Whistle-blower Protection System
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.