財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y05016
タイトル
家庭用需要家のグリーン電力プログラムの設計に対する意識分析 -−電力量保証型を対象に−-
[Title]
Residential Customers’ Attitudes toward Energy Based Green Power Program Design
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
日本では、グリーン電力基金等寄付型のグリーン電力プログラムは導入されているが、需要家の支払額に応じた電力を再生可能エネルギー発電設備から供給する保証型のプログラムは実施されていない。しかしながら,欧米では保証型が主流であり,日本でも資源エネルギー庁による検討が行なわれるなど,その導入に向けた議論が開始されている。そこで,本研究では,一般世帯(家庭用需要家)を対象にした保証型のプログラムに関するアンケート調査により,プログラム加入意向層の特徴を明らかにし,さらにプログラムの設計について資する知見を得た.プログラムの設計要素としては,料金体系,エネルギー供給源,及び月間最低支払額の設定などに着目した.例えば料金体系では,需要家の毎月の電力消費量の一定割合がグリーン電力となり,追加の支払額が消費量に合わせて変動する「消費量比例型」と,グリーン電力購入量及び支払額が固定される「固定型」とに対する選好を調査している.
[Abstract]
The objective of this paper is to clarify attributes of residential customers who are willing to pay for ‘energy based green power programs’ and their attitudes toward program design, such as pricing types, energy sources, and monthly minimum payments, by analyzing stated preference data collected through a questionnaire survey of 1041 respondents. The following summarizes the key findings.1) Although 70% of respondents indicate willingness to participate in energy based programs, 88% of them care about environmental free riders.2) Household income is one of the most important indicators of those who are willing to participate in programs. The higher the household income, the more likely the respondents has intention of participation. Women are more willing than men to participate, while women are more likely to care about the free-rider problem. 3) Respondents who do not care about free riders prefer a ‘fixed quantity program’ in which supply of a fixed amount of green power every month is guaranteed to a ‘percent-of-use program’ in which the monthly amount of green power changes with monthly electricity consumption. However, preference of all respondents who indicate willingness of participation on the fixed quantity program is almost the same as that on the percent-of-use program.4) The most favored renewable source of electricity generation for programs is solar power. Wind power is also preferred, more than power from small-scale hydro and wood biomass.5) There are no significant differences of willingness to participate in programs among questionnaires whose monthly minimum payments are 100, 250, and 500 yen. Because average values of willingness to pay are 237, 300, and 293 yen per month respectively, the monthly minimum payment of 100 yen would be too low to increase the total amount of premium payments.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2005
発行年月 [Issued Year / Month]
2006/04
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

田頭 直人

社会経済研究所地域経済・エネルギー技術政策領域

馬場 健司

社会経済研究所地域経済・エネルギー技術政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
再生可能エネルギー Renewable Energy
グリーン電力プログラム Green Power Program
保証型プログラム Energy Based Program
アンケート調査 Questionnaire Survey
家庭用需要家 Residential Customer
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.