財団法人 電力中央研究所

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告)
[CRIEPI Research Report]

研究報告書「電力中央研究所報告」は当研究所の研究成果を取りまとめた刊行物として、昭和28年より発行されております。 一部の研究報告書はPDF形式で全文をダウンロードすることができます。 ダウンロードの際には、当サイトの利用規約を遵守の上ご利用ください。

※ PDFのファイルサイズが大きい場合には、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。 ダウンロードは1回のクリックで開始しますので、ダウンロードが完了するまで、複数回のクリックはなさらないようご注意願います。

研究報告書 詳細情報
[Detailed Information]

報告書番号 [Report Number]
Y05020
タイトル
温暖化制約下の長期世界エネルギー需給シナリオの作成 -シナリオプランニンング手法によるドライバの分析を中心に-
[Title]
Scenario Developing of the Long-term World Energy Demand and Supply under the Global Warming constraints -with a Focus on the Scenario Drivers by Scenario Planning Methods-
概要 (図表や脚注は「報告書全文」に掲載しております)
本稿では、温暖化制約のもとで、今後20〜30年というタイムスパンでの世界のエネルギー需給についての視点を得るために、シナリオプランニングの手法を用い分析を行った。 まず、最近出されている世界エネルギー需給に関するシナリオをサーベイし、そこから多くのシナリオに共通するドライバを探し、さらにそのなかで、不確実性が高く、かつ影響の大きなドライバを抽出した。 その結果、エネルギー資源・価格動向、中東地域の安定、中国経済の将来、温暖化制約の強度、といったドライバが浮かび上がってきた。中東地域の安定は、石油開発と将来の石油価格動向に大きな影響を与え、その動向によっては、カナダのオイルサンド開発に代表されるような、先進国での非在来型石油・天然ガス開発を加速することになる。また、化石燃料資源を使い続けていく場合には、CCS(CO2の回収隔離)の技術動向は、重要なドライバとなる。需要の面からは、最も影響が大きく、将来的には不確実性の高いドライバとして、中国経済の動向が上げられる。最後に、以上のドライバのうち、中東地域の将来、中国経済の成長の2つのドライバを軸に整理し、4通りの将来像を検討し感度分析を行った。
[Abstract]
Under the constraints of global warming, the situation of world energy Demand and Supply situation is getting more and more complex and volatile. Employing the scenario analysis methodology, the author aims to analyze major uncertainties and corresponding drivers which governs the future world energy demand and supply. From the survey of recently published several world scenarios, there are found common and concrete future trends among the scenarios, reflecting corresponding uncertainties behind them. From those uncertainties, the author extracted the following four scenario drivers which should dominate the future world energy scenes: a) energy prices, b) Middle East situations, c) China’s economic growth and d) the intensity of global warming constraint. In-depth reviews are given about the major trends or uncertainties of each of the scenario drivers. As for global warming constraints, the strong constraint would lead to a full-scale introduction of CCS (Carbon dioxide Capture and Storage). As for the future and prices of fossil-fuels, use of unconventional resources coupled with CCS would be competitive enough to other major supply sources under high energy prices and strong constraint of global warming. As for the geopolitical drivers, expansion of domestic imbalance in China and economic reform and population structures in Middle East are the main uncertainties.
報告書年度 [Report's Fiscal Year]
2005
発行年月 [Issued Year / Month]
2006/05
報告者 [Author]

担当

氏名

所属

星野 優子

社会経済研究所地域経済・エネルギー技術政策領域

キーワード [Keywords]
和文 英文
世界エネルギー需給 World Energy Supply and Demand
地球温暖化 Global Warming
石油価格 Oil Prices
シナリオ Scenario
シナリオドライバ Scenario Driver
Copyright (C)  Central Reseach Institute of Electric Power Industry. All Rights Reserved.